関内に「焼肉ハウス 大滝」オープン-ヤザワミートの黒毛和牛

「焼肉ハウス 大滝」の店内

「焼肉ハウス 大滝」の店内

  •  

 素材にこだわった焼肉店「焼肉ハウス 大滝」(横浜市中区南仲通、TEL 045-664-2929)が11月29日、馬車道駅近くの関内大通り沿いにオープンした。

 同店は、提供する肉の素材に、焼肉マニアの間でも評判が高い、最高級黒毛和牛専門の精肉卸「ヤザワミート」から仕入れた肉を扱う焼肉店。牛肉の格付けで最高位の「A5ランク」の黒毛和牛を提供する。ヤザワミートの素材を使った焼肉店としては、ステーキ・ハンバーグ「ミート矢澤」(品川区)、「ホルモン和田」(目黒区)などに続き、東京以外では初めてとなる。

[広告]

 店内は木を基調とした鏡張りの空間で、落ち着いた奥行きのある雰囲気。最新のガスロースターと排煙設備を装備したテーブル8席のほかに個室1席を設ける。座席数は合計38座席、店舗面積は約28坪。

 メニューは、「和牛カルビ」(1,155円)、「和牛上カルビ」(1,890円)など約40品目で、「生でも食べられる」甘くて柔らかい高品質の肉を使っていることが特徴。肉の入荷状況によっては、肩の中ほどの部分で細かいサシが特徴の「ミスジ」(2,730円)、肩ロースの上に重なっている部分で1頭から3~4キロしか取れない「ザブトン」(3,150円)のほか、シンシン、三角カルビ、イチボ、ランプなどの通常の焼肉店で扱われることが少ない希少部位を手頃な価格で提供する。

 そのほか、九州・阿蘇薬草園の自然農法で栽培した薬草のドレッシングを使った「大滝サラダ」(819円)、和牛挽肉カレー(945円)、石焼きビビンパ(1,134円)のほか、阿蘇薬草園の薬草15種類をブレンドした薬草茶(367円)などを用意。独自の特許製法により作られたお茶は、胃に残った脂を流す作用があり、体質改善に良いという。想定客単価は6,000円を見込む。

 同店店長の大滝繁さんは「元々横浜出身で、ぜひ地元の方にもヤザワミート社さんの最高級品質の焼肉を食べてもらいたいと思い、横浜にお店をオープンしました。美味しいお肉を食べて楽しい時間を過ごしてもらうことで、街ごと元気とパワーを与えていきたい」と話す。

 営業時間は、17時~24時。ラストオーダー23時30分。年末年始を除いて年中無休。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?