MMの夜景楽しむ「海上カフェ」-工場萌えクルーズに続く新プラン

海上カフェ「星の降る☆カフェシップ」とみなとみらいの夜景

海上カフェ「星の降る☆カフェシップ」とみなとみらいの夜景

  •  
  •  

 旅客船事業を展開するケーエムシーコーポレーション(横浜市西区北幸)は、夜景評論家の丸々もとおさんと、夜景プロデューサーの阿部トモさんのプロデュースによる、海上カフェ「星の降る☆カフェシップ」を運営している。

 海上カフェには、全長17.3メートル、総トン数19トン、旅客定員40人のパーティークルーザー「プライマリー号」を使用。クルーズは、横浜赤レンガ倉庫近くの桟橋「ピア赤レンガ」より乗船し、汽車道横の横浜ランドマークタワー、ヨコハマ コスモワールドの観覧車、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルなどの横浜を代表する夜景の名所に囲まれた潮だまりに停泊し、1時間後に赤レンガパーク桟橋に戻るプランで、発光グラスを用いた特製レシピのホットカクテル「オリジナル夜景カクテル」が付く。

[広告]

 運行日時は、毎週土曜・日曜に1日2便で、1便目18時、2便目19時30分出航。定員は最大30人で、料金は2,300円。予約は不要。別途、ハウスワイン、ビールなどのアルコール類や、エスプレッソ、ペリエなどのソフトドリンクを500円で提供する。

 同社は、工場地帯の景観を愛好する「工場萌え」なマニアなどに人気を集める定期運航「工場夜景ジャングル・クルーズ」を今年6月より運航している。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?