みなとみらいに太陽電池付き小型風車-開港150周年に向け設置

  •  
  •  

 横浜・みなとみらい21地区に5月1日、小型風力発電を利用した街路灯が登場した。風力発電機を販売するオリテックス(横浜市都筑区)が横浜開港150周年記念イベントに向けて、試験的に設置した1号機。

 風力発電は高さ約7メートルで、3枚の直線垂直翼(縦2メートル、横30センチ)を備え、出力ワット数は145ワット。翼の1枚には横浜開港150周年マスコットキャラクター「たねまる」が描かれている。ポールの下部には太陽光パネルも備え、帆船をイメージしたデザイン。照明は高輝度LED(発光ダイオード)を使用している。場所は記念イベントを推進する「横浜開港150周年協会」の駐車場の一角を借りて設置している。

[広告]

 同企画では翼部分を広告媒体として活用し、機械設置の費用にあてる考え。オリテックスの中島賢悟さんは「環境問題に配慮した取り組みを広く呼びかけ協賛企業を募り、2009年に開催される横浜開港150周年イベントでは、この発電機で会場の電力の一部をまかなえれば」と話す。

オリテックス横浜開港150周年協会横浜開港150周年記念イベント入場券発売開始(ヨコハマ経済新聞)三菱地所、MMに新高層オフィスビル-風力発電機も(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?