新型コロナ関連速報30日:市723人/県236…

東京芸大大学院が万国橋会議センターに「アニメーション専攻」開設

万国橋会議センター

万国橋会議センター

  • 0

  •  

 東京芸術大学は12月4日、映像研究科修士課程「アニメーション専攻」を2008年4月に、万国橋会議センター3階(横浜市中区海岸通)に設置すると発表した。国立大学の大学院にアニメ専攻が設置されるのは初となる。同専攻の設置が文部科学省から認可され、横浜市が誘致した同大学院映像研究科で予定されていたすべての専攻設置計画が完了する。

[広告]

 「アニメーション専攻」は、芸術表現としてのアニメーションを主体とした動画に関わる表現と研究を、動画の理解から通信・放送をはじめとするコンテンツ製作への応用で幅広く進展させることを理念に、アニメーション作品の製作を通して、作り手、プロデューサー、研究者の連携による人材育成を行うことによってアカデミックな拠点を形成することを目的とする。横浜・万国橋SOKOに拠点を置くクレイアニメーション「ニャッキ!」で知られる映像作家の伊藤有壱さんや、アートアニメーション作家の山村浩二さん、日本アニメーション学会の出口丈人さんら4人が専攻専任教員を担当する。定員は16人。願書受付期間は2008年1月4日~1月9日。

 横浜市は「クリエイティブシティ・ヨコハマ(文化芸術創造都市)」構想の一環として映像芸術分野への研究領域拡大を目指す同大学を誘致。旧富士銀行と新港客船ターミナルに映像文化施設を整備して、2005年度に北野武監督、黒沢清監督らを教員に迎えて修士課程「映画専攻」、2006年度に修士課程「メディア映像専攻」、2007年度に博士後期課程「映像メディア学専攻」を開設した。「アニメーション」専攻については、現在貸し会議室や事務所として開放されている万国橋会議センター3階フロアを横浜市が整備する。整備工事費は約3,800万円。

東京芸術大学映像研究科万国橋 会議センター(社団法人横浜港湾福利厚生協会)クリエイティブシティ・ヨコハマ(横浜市開港150周年・創造都市事業本部)日本初の携帯ムービーフェスティバル?横浜で開催(ヨコハマ経済新聞)東京芸大が横浜に新大学院「映像研究科」新設(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース