天気予報

25

18

みん経トピックス

横浜で86歳の画家の個展ヨコハマ映画祭受賞作決定

みなとみらいに「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が開業

  • 0
みなとみらいに「横浜アンパンマンこどもミュージアム」が開業

4月20日に開業する「横浜アンパンマンこどもミュージアム」

写真を拡大 地図を拡大

 日本テレビは1月5日、みなとみらい21地区の48街区(西区みなとみらい4-3-1)に「横浜アンパンマンこどもミュージアム」を4月20日に開業すると発表した。

 同ミュージアムは、敷地面積約6,800平方メートルに、劇場を併設した3階建てのミュージアム、飲食・物販など22店舗が出店するショッピングモール、不二家レストランとのコラボレーションによりペコちゃんとアンパンマンが描かれるファミリーレストランにより構成される。アミューズメント施設だけでなく、ショッピングモール全体を1つのキャラクターで統一した施設となるという。入場料金は1,000円(小学生以下記念品付き、0歳児無料)で、営業時間は10時~20時(ミュージアムは18時まで)。ショッピングモールの入場は無料。

 施設の運営事業体は「アンパンマンミュージアム&モール有限責任事業組合」で、日本テレビ音楽、バンダイ、バンプレスト、セガ、不二家など「それいけ!アンパンマン」のキャラクターに関するライセンサー、ライセンシーなどを中心とする22社により、昨年8月22日に出資金19億1,000万円で設立された。

 アンパンマンのキャラクターマーチャンダイジングは、1988年の放送開始以来、好調に推移しており、1996年に高知県に開設された「香北町立やなせたかし記念館 アンパンマンミュージアム」は、現在も年間20万人の集客があるという。

 ミュージアムの建物は、都市基盤整備公団 横浜中央都市整備事務所として使われていた「ブルーマリーナMM21」(竣工:1996年、設計:中川巌建築綜合研究所)を改装して使用する。隣接するみなとみらい47街区には現在、PCデポ横浜本店、スーパーオートバックス横浜みなとみらい、INAXショールームなどが営業している。

横浜アンパンマンこどもミュージアム 公式サイト関連記事(アンパンマンこどもミュージアム内に「子育て情報スポット」開設)関連記事(横浜アンパンマンこどもミュージアム開館記念で臨時直通列車)関連記事(バンダイ、横浜にキッズ専用「アンパンマンヘアサロン」を出店)関連記事(セガ、横浜に「ジャムおじさんのパン工場」をプロデュース)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜港大さん橋国際客船ターミナル 山下公園側エプロンで「第3回横浜港大さん橋マルシェ」が開催されている。県内をはじめ、日本各地の生産品や加工品、雑貨などを扱う店舗が出店。海を眺めながら買い物やグルメが楽しめる。開催時間は11時~16時。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング