横浜ベイクォーター、68の出店店舗概要を発表-8月開業

  •  

 横浜ダイヤビルマネジメント(竹内和彦代表)は6月20日、ポートサイド地区に8月24日に開業する商業施設「横浜ベイクォーター」(神奈川区金港町1)に出店する68の店舗の概要を発表した。同施設は「美・交・創」をテーマに豪華客船をモチーフとして「クルーズのライフスタイル」を提供する商業施設。

 出店するのは、温海水のオリジナル多機能プールやアルゴ(海草)パック・マッサージなどのビューティートリートメントを提供する「タラソテラピー スパ」、ドッグライフカウンセラーが常駐するドッグホテル「evoldog(イーボルドッグ)HOTEL & Rest」と同店と「フレッシュネスバーガー」とのコラボレーションによるドッグカフェ「FRESHNESS DOG CAFE & evoldog photo studio」、国内外50以上の産地から直送されるオイスターを提供するオイスターバー「KINKAWOOKA(キンカウーカ)」、豪華客船内の社交場をイメージしたスパニッシュ居酒屋「Bar de Cante(バル・デ・カンテ)」、インテリアショップの「アクタス」、外国人保育スタッフも常駐するバイリンガル託児サービスのほか、ボディケア・コスメのセレクトショップ、エステサロン、ヨーガスタジオ、ファッション、カフェ、スクールなどで、物販が30店、飲食店26店、サービス11店、その他1。

[広告]

 営業時間は物販・サービス店舗が11時~21時、飲食店舗は11時~23時(一部除く)。施設は地上8階(一部5階)地下2階建で、延べ床面積は50,600平方メートル。MM21地区や山下公園・中華街地区を結ぶ船「シーバス」の発着所も備える。駐車場は730台。

 同施設の事業者は三菱倉庫で、プロデュースが北山創造研究所、管理運営は横浜ダイヤビルマネジメント(TEL 045-212-9216)。

横浜ベイクォーター

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?