寿のゲストハウスが、観光案内機能付き新フロント開設

  •  
  •  

Funnybee(中区不老町、谷津倉智子社長)は3月24日、寿町のゲストハウス(宿泊施設)「ヨコハマホステルヴィレッジ」のフロント「寿町フロントオフィス」(中区松影町3-11-2 三和ビル1階)を開設した。新拠点は寿町の石川町よりに位置し、同社が受託管理運営している「林会館」などのゲストハウスのフロント業務のほかに、宿泊客のためのサロンスペースや、観光案内所の機能も合わせ持つ。ゲストハウスの宿泊料金はテレビ・エアコン付きのシングルルームが3,000円(3畳)、ツインが4,500円(3畳)。洗濯機、乾燥機、コインシャワーなどを備え、共同キッチンでの自炊も可能。チェックインは15時から20時、チェックアウトは11時。長期宿泊者は割引となる。ホテルの予約・問い合わせは「ヨコハマホステルヴィレッジ」(TEL 080-3018-9170、9時~20時)まで。
ヨコハマホステルヴィレッジ

[広告]
[広告]
  • はてなブックマークに追加
SmartNews Awards 2019

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?