新型コロナ関連速報:市内729人/県内2542…

暮らす・働く

相鉄新横浜線・東急新横浜線の開業PRロゴと駅ナンバーが決定

キャラクターロゴ

キャラクターロゴ

  • 242

  •  

 相模鉄道(横浜市西区)と東急電鉄(東京都渋谷区)は、2023年3月開業予定の相鉄新横浜線・東急新横浜線(事業名称:相鉄・東急直通線)の開業PRロゴと駅ナンバーを決定した。

両社の社員投票により決定した「シンボリックロゴ」 相鉄新横浜線・東急新横浜線の開業PR

[広告]

 両社が協力して制作した相鉄新横浜線・東急新横浜線の開業PRロゴのコンセプトは「相鉄線・東急線『新横浜駅』でつながる」。両社のコーポレートカラーと代表的な車両のイラス(東急電鉄3020系、相模鉄道21000系)を並べて表現した「シンボリックロゴ」と、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」と東急線キャラクター「のるるん」を採用した「キャラクターロゴ」の2種類。

 キャラクターロゴは、そうにゃんとのるるんが喜びながら手をつなぎ「つながる」ことを楽しみにしている様子を表現した。

 駅ナンバー(東急電鉄においては路線カラー、路線シンボルも含む)は、駅構内の各種掲示物、案内サインをはじめ、両社がホームページやアプリ、車内ビジョンなどで展開する路線図などにも使用していく。

 3月の開業までの約半年間、両社は開業に関するさまざまなキャンペーン・イベントの実施などで連携していく。ロゴを使用した開業記念商品や関連グッズは、相鉄ローゼン、東急百貨店、東急ストア、TOKYU STYLEなどで発売する予定。

 相鉄新横浜線・東急新横浜線の駅ナンバーは、相鉄新横浜線 新横浜駅「SO52」(羽沢横浜国大駅はJR直通線開業時に「SO51」としている)。東急新横浜線 新横浜駅「SH01」、新綱島駅「SH02」、日吉駅「SH03」。

 開業PRとして、相模鉄道は、相鉄グループホームページ内の「都心直通プロジェクト」などで、相鉄新横浜線に関する情報を公開。東急電鉄は、特設サイトを開設し、工事の進捗や開業に関する情報を随時更新していく。

 相鉄・東急 新横浜線は、2023年3月に日吉駅~新横浜駅を結ぶ、東急新横浜線が開業を予定。同じく開業する相鉄新横浜線と、新横浜駅でつながり、横浜市西部・神奈川県央部と東京都心部が直結し、広域鉄道ネットワークの形成と機能の高度化がなされ、所要時間の短縮や乗り換え回数の減少など、鉄道の利便性向上となるとともに、新幹線へのアクセスが向上する。相鉄・東急直通線は、相鉄新横浜線羽沢横浜国大駅から東急東横線・目黒線日吉駅までの約10キロ。営業主体は相模鉄道(羽沢横浜国大駅~新横浜駅:約 4.2キロ)、東急電鉄(新横浜駅~日吉駅:約 5.8キロ)。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース