新型コロナ関連速報:市内729人/県内2542…

学ぶ・知る

横浜税関、庁舎を一般公開 麻薬探知犬のデモも

庁舎の塔は「クイーン」の愛称で親しまれている。

庁舎の塔は「クイーン」の愛称で親しまれている。

  • 268

  •  

 横浜税関(横浜市中区海岸通1)が9月19日、庁舎を一般公開する。

横浜税関 庁舎公開のパンフレット

[広告]

 税関150周年記念事業の一環として行うもので、1934(昭和9)年の庁舎創建当時を復元した、ダグラス・マッカーサー元帥も執務したといわれる旧税関長室ほか3室や、横浜赤レンガ倉庫や大さん橋を一望する7階のテラスなどが見学できる。麻薬探知犬のデモンストレーション、税関のイメージキャラクター「カスタム君」が登場するほか、子ども用の制服を貸し出す撮影ブースも設ける。常に公開している1階の資料展示室でも、税関150周年記念展示を行っている。

 税関は、江戸時代末期の1859年、箱館(函館)、神奈川(横浜)、長崎の開港に伴って、輸出入貨物の監督や税金の徴収といった運上業務、外交事務を取り扱うために設けられた「運上所」が前身。1872(明治5)年、全国の運上所の呼称を「税関」に統一、今年で150周年になる。

 横浜税関総務部税関広報広聴室の梶原清さんは「11月に迎える税関150周年を機に、これまで税関が果たしてきた役割や業務について、皆さまの理解がより深まるよう、今後も庁舎公開や税関展などのイベントを予定している。ぜひ足を運んでいただければ」と話す。

 公開時間は10時~16時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース