新型コロナ関連速報:市内729人/県内2542…

食べる 買う

ワインとをギョーザをマリアージュ 手作りギョーザバル「横浜 PARTY GYOZA」

  • 200

  •  

 関内に、ギョーザバル「横浜 PARTY GYOZA」(横浜市中区相生町3)がオープンした。

店主の浦崎さん夫妻 ギョーザバル「横浜 PARTY GYOZA」

[広告]

 店主は横浜在住の浦崎進一さんとゆかりさん夫妻。5月までは神田で8年間「餃子の花里」を営んでいたが、6月末に居住地の横浜市へ店舗を移転。

 「焼き餃子(ギョーザ)」「水餃子」などの定番ギョーザから「ブルーチーズ餃子」「トリュフ餃子」「フォアグラ餃子」などユニークなメニューまで全12種類。

 「ワインとギョーザが両方好き」という浦崎さん。店内にはワインを豊富にそろえ「ブルーチーズ餃子はピノ・ノワールの赤ワインと合いますよ」、「チープとナッツのテリーヌは珍しい組み合わせですが、これもワインに合います」など、ワインと料理のマリアージュをカウンターから客席に薦めることも。

 浦崎さんは国内外の数百店舗でギョーザを食べ歩いたのち、原点に回帰。「現在主流の野菜メインのギョーザとは一線を画す、母の作る肉々しいギョーザが一番おいしい」と思い至ったという。肉汁たっぷりの特製餃子を作り上げ「肉感2倍餃子」をうたう。

 面積は約40平方メートル。約10席のカウンターと、奥に3人以上で利用可能なテーブル席がある。1人でも複数人でも居心地が良いようにと、照明はエジソンランプ灯している。

 営業時間は17時~23時。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース