新型コロナ関連速報:市内6488人/県内136…

買う 学ぶ・知る

活版印刷の活字を鏡文字の「万年カレンダー」に 横浜の印刷関連3社が協力

築地活字代表の平工希一さん(左)と鋳造職人の大松初行さん

築地活字代表の平工希一さん(左)と鋳造職人の大松初行さん

  • 68

  •  

 横浜の活字鋳造メーカーと出版社とプロモーション会社が協同する活版活字プロジェクト「字心」が、横浜活字鋳造の老舗店「築地活字」(横浜市南区吉野町5)を応援する意図を込めたクラウドファンディング(以下CF)を実施している。

活版印刷の活字を木のケースに収めた「万年カレンダー」

[広告]

 「字心」は、セールスプロモーション会社「アーリークロス」(横浜市中区南仲通4)と、出版社の「なまためプリント」(同)が、1919年に創業し100年以上金属活字を鋳造し続けてきた歴史を持つ「築地活字」とともに取り組むプロジェクト。活動を通して、活版印刷を含む、活字を扱う業界全体を盛り上げていくことを目的としている。

 CFのリターンは、「金属活字」を鏡文字の「万年カレンダー」にしたてた商品「KARAKURI」。築地活字が鋳造した数字と曜日の金属活字を、茨城県の木製建具店が手作りする専用の木枠とセットにする。

 企画を立案したアーリークロスの落合雄さんは「100年継承される築地活字の技術を生かして、新しい価値づくりを手伝いたい」と、「活版印刷時に『裏方道具』の役割を果たす『金属活字そのもの』を届ける方法」を模索。カレンダーのアイデア形にする際に苦労した点は「魅力的な木枠を作ることのできる職人さんを探すこと」だったという。

 築地活字で半世紀以上にわたり鋳造職人をつとめる大松初行さんは「諸先輩から受け継いだ技術。生きている間はつないでいきたい」と話し、「鋳造機の中で、固い鉛が高温で柔らかくなって、瞬時に文字になって出てくる」点が活字鋳造の面白さだという。

 CFの利益は「金属活字」の発注費用として「築地活字」の支援になるほか、木枠の製造費などにあてられる。5月15日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース