見る・遊ぶ

実物大ガンダムが動く「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」が12月19日にオープン

  • 5414

  •  

 実物大ガンダムを動かすプロジェクトの運営会社「Evolving G」は「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環として「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(横浜市中区山下町)を12月19日から2022年3月31日までの期間限定でオープンする。バンダイナムコグループがオーガナイズし、横浜市、横浜港運協会、横浜港ハーバーリゾート協会が協力、ソフトバンクが5Gパートナーとして参画する。

入場者特典でガンプラ「1/200 RX-78F00 ガンダム」をプレゼント

 施設は、動くガンダムを格納し、メンテナンスワークを行うデッキ「GUNDAM-DOCK」と、仕組みを楽しみながら学べる展示施設などが入る「GUNDAMLAB」の2つのエリアで構成。施設の敷地面積は9000平方メートル。

[広告]

 「GUNDAM-DOCK」には、地上高15~18メートルの観覧デッキ「GUNDAM-DOCK TOWER(G-DOCK TOWER)」には2つのフロアが設置され、エレベータで上がり「動くガンダム」を間近で見ることができる。

 全長18メートルの実物大ガンダムの関節自由度は24カ所(ハンド除く)で重さは25トン。10時30分~20時30分まで、毎時と毎時30分に異なる演出を行う予定。夜にはライトアップも行われる。

 施設内の「ガンダムラボ(GUNDAM-LAB)」では、「動くガンダム」の仕組みや実現に向けた思いを紹介。ラボ内の「アカデミー」に設置される「GUNDAM Pilot View SoftBank 5G EXPERIENCE」では、コックピットからの視点でVR体験ができる。

 期間中、1階の公式ショップ「THE GUNDAM BASE YOKOHAMA Satellite」では会場限定のガンプラや横浜とのコラボ商品をそろえる。2階のガンダムカフェでは、横浜のご当地グルメが楽しめる。カンファレンスルームでは、トークショーや講演会、研究発表やワークショップを行う。

 9月29日に行われた開催概要発表会でEvolving G取締役の藤原幸治さんは「実物大のガンダムを動かす、それは、ガンダムにあこがれプロジェクトに関わったメンバー全員の悲願でした。このチャレンジは次なる大きな夢を見つけ挑み続けるための一歩」と話した。

 オープンを記念して来場者に入場者特典のガンプラ「1/200 RX-78F00 ガンダム」をプレゼントする。

 開催期間は12月19日から2022年3月31日までの440日間。入場料金は大人=1650円、小人(7歳以上12歳以下)=1,100円。GUNDAM-DOCK TOWERの観覧料は別途3300円(いずれも6歳以下は大人1人につき3人まで無料)。

 チケットは10月2日10時から販売開始。10月1日に配信する無料の公式アプリ(iOS、Android)、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAチケット購入専用ウェブページで購入できる。1時間ごとに入場数を限定して販売する。

 営業時間は10時~21時。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?