見る・遊ぶ 買う

赤レンガで野外フェス「GREEN ROOM FESTIVAL'18」が開催 音楽とサーフカルチャーの祭典

GREEN ROOM FESTIVAL'17の様子

GREEN ROOM FESTIVAL'17の様子

  •  

 横浜赤レンガ地区の野外特設会場(横浜市中区新港1)で5月26日と27日、音楽とアートのカルチャーフェスティバル「GREENROOM FESTIVAL '18」が開催される。

グリーンルーム フェスティバルのタイムテーブル(5/26~27)

 GREENROOM FESTIVALは、2005年から横浜で毎年行われているサーフカルチャーをルーツに持つ、ミュージック・アート・フィルムのカルチャーフェスティバル。「Save The Beach Save The Ocean」をコンセプトに、音楽・アート・映画を通して海やビーチのライフスタイルと文化を伝え、環境を守り、後世に残していくことを目的としている。

[広告]

 会期中は、国内外のアーティストが野外特設会場でライブを行うほか、国内外のアーティストによるアート作品の展示販売、サーフカルチャーをテーマにしたフィルム上映、野外ヨガなどを実施する。

 ライブの出演アーティストは、26日=EGO-WRAPPIN、Vintage Trouble、ハナレグミ、七尾旅人、スガシカオ、平井大、MONKEY MAJIK、GLIM SPANKY、never young、Jmmy Cliffほか。27日=The Wailers、ASIAN KUNG-FU GENERATION、UA、大橋トリオ、Sublime with roma、サンボマスター、KANDYTOWN、MOROHA、高野寛ほか。

 「SURF MARKET」にはサーフブランドやビーチグッズがならび、親子で楽しめる「KIDS PARK」、国内外のアーティストが手がけた作品に出会える「ART GALLERY」のほか、船に豪華DJのダンスフロアが登場し、横浜の夜景とフェスの様子が見渡せる「PARADISE SHIP」など、老若男女が楽しめる工夫が施されている。映画やワークショップでは環境問題を取り入れ、海やビーチを楽しみつつ、大切に使用することの大切さも伝える。

 会場は横浜赤レンガ地区の野外特設会場ほか。開催時間は、両日とも11時~21時(開場11時)。チケット(1日券)=11,730円、(2日券)=19,000円。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?