天気予報

9

4

みん経トピックス

横浜にチューリップ16万本横浜港に豪華客船が入港

関東学院大学が「佐藤さとるとコロボックルの世界」展 同学OBの生前の功績を記念

関東学院大学が「佐藤さとるとコロボックルの世界」展 同学OBの生前の功績を記念

「だれも知らない小さな国」「コロボックルそらをとぶ」

写真を拡大 地図を拡大

 関東学院大学(横浜市金沢区)は4月10日から、今年2月に88歳で亡くなった「コロボックル物語」シリーズなどで知られる佐藤さとるさんの生前の功績を記念し、「佐藤さとるとコロボックルの世界」と題して著作や直筆色紙などの展示をする特別展を開催する。

 佐藤さんは、1928年に横須賀市で生まれ、10歳で横浜に転居。1949年に旧制の関東学院工業専門学校建築科(現在の関東学院大学建築・環境学部)を卒業した後には、横浜市職員や中学校教諭を務めた。

 関東学院在籍中から、童話の執筆に取り組みはじめた佐藤さんは、「コロボックル物語」シリーズの第一弾となる「だれも知らない小さな国」を1959年に自費出版。その後、亡くなる直前まで精力的に執筆活動に取り組み、数多くの著作を残した。

 毎日出版文化賞、国際アンデルセン賞国内賞を受賞するなど、高い評価を受けてきた。アイヌの伝説に登場する小人をモデルにした「コロボックル物語」シリーズ以外にも、数多くの童話やエッセイを執筆し、多くの読者に親しまれている。

 最後の著作は、2016年3月に刊行した自伝小説「コロボックルに出会うまで ~自伝小説 サットルと『豆の木』」(偕成社)。

 会場は関東学院大学横浜・金沢八景キャンパス図書館本館(横浜市金沢区六浦東1)。会期は4月28日まで。開館時間は平日=9時~21時、土曜=9時~19時(日曜休館)。入場無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜歴史資産調査会は、「野毛都橋商店街ビル」(横浜市中区宮川町1)を歴史的建造物として保存活用するため、公益財団法人横浜市建築助成公社から寄贈を受けて所有することになった。同ビルは、1964年の東京オリンピックを契機として野毛周辺などの路上で営業していた露店などを収容するために、同年に建設された共同店舗。2016年12月に横浜市登録歴史的建造物に登録された。現在、横浜野毛商業協同組合が管理運営を行い、約60の店舗が営業している。
[拡大写真] [関連記事]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング