天気予報

25

18

みん経トピックス

横浜に洋菓子「象の鼻物語」神奈川新聞社が復興支援

伊勢佐木町に日本初の中国茶専門爬虫類カフェ「横浜亜熱帯茶館」

伊勢佐木町に日本初の中国茶専門爬虫類カフェ「横浜亜熱帯茶館」

横浜亜熱帯茶館オーナーの長野睦さんとアルゼンチンレッドテグー

写真を拡大 地図を拡大

 横浜・伊勢佐木町に7月4日、中国茶専門爬虫(はちゅう)類カフェ「横浜亜熱帯茶館」がオープンした。

 同店のコンセプトは「生き物を見ながらくつろげる場」。店内の爬虫類をゆっくりと観賞するなど、触れ合ってもらうために、2煎目(にせんめ)以降も楽しめる中国茶を提供する。

 店舗にはヘビやトカゲ、イモリなど10種30匹の爬虫類や両生類を展示。約13平方メートルの放し飼いエリアに展示されたリクガメには触ることができるが、接触後は消毒や手洗いが義務付けられている。店舗面積は約100平方メートル。席数は24席。

 オーナーの長野睦(むつみ)さんは横浜市在住。5年前にリクガメを飼い始めてから、爬虫類の魅力にとりつかれた。「爬虫類が好きな人で集まれる場をつくりたい」という思いから、同店の開店を決意。環境衛生や食品衛生を理由に、認可が下りるまで1年かかったという。

 また、長野さんはすっきりとした飲み心地が特徴の中国茶の魅せられ、1年前に日本中国茶普及協会(東京都渋谷区)中国茶初級インストラクターを取得。同店では横浜中華街から取り寄せた中国茶を中心にドリンクを提供。プーアル茶や鉄観音、ジャスミンティー(800円~)、工芸茶(1,000円)、菱和園(愛知県名古屋市)の日本初有機ウーロン茶(900円~)などをそろえる。

 フードはバターや牛乳の風味が濃厚な味わいをかもし出す塩味の惣菜バウンドケーキ「ケーク・サレ」(700円~)。ドリンクとフードを組み合わせた「セット・メニュー」(1,400円~)も。

 ほかにも、オープン記念として限定50人に杉の樹皮や小枝を木屑にして再利用した「琉球山亀フィギュア」を贈呈する。

 長野さんは「爬虫類の魅力はその独特な形や模様にあります。淡く上品な味の中国茶をたしなみながら、落ち着いた空間の中でその魅力を堪能してもらえればと思います。『ケーク・サレ』は中国茶との相性がとてもよいですよ。今後、爬虫類の数も増やしていく予定なので、ぜひお越しください」と話す。

 場所は富森商事ビル2階。営業時間は11時~21時 (ラストオーダー=20時)。定休は 水曜と第2・第4火曜。今月の営業時間は12時~20時まで(ラストオーダー=19時)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜市は8月27日、観光船「マリーンシャトル」で大型客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」(バハマ船籍)の「横浜港海上見学会」を実施する。クァンタム・オブ・ザ・シーズ(167,800総トン)は2014年11月就航。日本に来航する客船として史上最大で、今回が横浜港初入港。同客船は、船体が大きくベイブリッジを通過できないため、大黒ふ頭の貨物用岸壁に着岸予定。クルーズは各70分。開催日は8月27日(第1便=10時~11時10分、第2便=15時~16時10分)。対象者は横浜市内在住・在勤・在学者を代表者とした、1組5人まで。募集人数は各便250人、合計500人(応募多数の場合は抽選)。応募方法は往復はがき。募集締切は7月15日。写真提供:ロイヤル・カリビアン・インターナショナル
[拡大写真]

VOTE

横浜のコワーキングスペース、どこがオススメ?

アクセスランキング