プレスリリース

GyroEye Holo TS+ によるMR杭芯確認の実施

リリース発行企業:株式会社インフォマティクス

情報提供:

株式会社インフォマティクス(本社:川崎市、代表取締役:齊藤 大地)と、株式会社鴻池組(本社:大阪市、代表取締役:蔦田 守弘)は、鴻池組が新しい環境・土木分野の研究開発拠点として建設を進める(仮称)KONOIKEテクノセンター新築工事での生産性向上の取り組みとして、インフォマティクス社製のMRソフト「GyroEye Holo」とトータルステーションを連携したGyroEye Holo精度向上オプションである「TS+」の最新バージョンを用いて、MRによる杭芯確認を実施しました。


「GyroEye Holo TS+」の最新バージョンは、測量における後方交会法の技術を採用することで、従来MRデータを現実空間に配置するために必要としていた位置合わせを不要とすることに加え、さらに安定した精度の実現を目指し開発いたしました。

現地での実証では、延べ100m以上の移動を繰り返す中、表示されるMRモデルの誤差が平均1.5cm程度に抑制されていることが確認できました。

◆実証結果

検証現場図:赤い矢印は検証経路、点線矢印は下表SEQ19~21(1回目のみ)
平均誤差1.:実測値の絶対値を平均、平均誤差2.:実測値-基準1(SEQ1)の絶対値を平均
こうした取組みによる検証を経て、GyroEye Holoアドオンソフト「TS+」の代理店である千代田測器より、後方交会対応のTS+最新バージョンの出荷を10月26日に開始することとなりました。

引き続き、インフォマティクスは鴻池組と連携し、本工事現場での先進的な取り組みを継続しつつ、建設業界全体の生産性向上につなげる活動を推進してまいります。
検証の様子
実証協力:株式会社鴻池組、千代田測器株式会社

インフォマティクスについて
株式会社インフォマティクスは、1981年の設立以来、建築・設計向けのCAD/CGシステムおよび地理情報システムの開発、販売、保守サポートを行うシステムインテグレータとして成長を続けており、本社(川崎市)、営業所(大阪、名古屋)の総勢約200名の社員から成る企業です。国内の中央官庁、地方自治体、社会インフラ事業者、建設・土木・エンジニアリングなどエンタープライズ分野に多数の導入実績があります。

製品に関するお問い合わせ
株式会社インフォマティクス 事業開発部 金野(こんの)、黒坂
メールでのお問い合わせ gyroeye@informatix.co.jp
〒212-0014 川崎市幸区大宮町1310 ミューザ川崎セントラルタワー27F
TEL:044-520-0850 FAX:044-520-0854

※GyroEye、ジャイロアイは株式会社インフォマティクスの登録商標です。その他記載の製品名、会社名は各社の登録商標です。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?