プレスリリース

家と冒険、ハウスコムでの取り扱いがスタート

リリース発行企業:株式会社家と冒険

情報提供:

株式会社 家と冒険(所在地:神奈川県横浜市/代表取締役:柏木 千草・以下家と冒険)は、ワンルーム賃貸のライフスタイル革新を目指すにあたり、ハウスコム株式会社による「家と冒険」の取り扱い開始とその後の継続的な活動に協力してまいります。


今回の両社の取り組みは、「1R賃貸のライフスタイル革新」を目指す家と冒険が、ハウスコム株式会社(所在地:東京都港区・代表取締役社長執行役員:田村 穂・東証一部 コード番号:3275・以下ハウスコム)のビジョン【THE LIVE DESIGN COMPANY~地域社会で最も人によりそう住まいのデザインカンパニー~】に目指す未来の共通点を見出し、ハウスコムのビジョン実現に協働意欲を示したことで始まりました。

今後、賃貸仲介の大手である「ハウスコム」が、ライフスタイル提案型賃貸「家と冒険」の物件を取り扱い、それを家と冒険が協力してまいります。

そして、両社の初めての協働プロジェクトとして「北綾瀬プロジェクト」を行います。このプロジェクトは、北綾瀬という賃貸物件の価値向上の潜在力を秘めた地域に光を当て、ライフスタイルが変わるワンルーム賃貸 を ‘手の届きやすい家賃’ で供給していくものです。

■「北綾瀬プロジェクト」について
「ワンルームでも、好きなスタイルで自由に部屋をアレンジして暮らしたい。できるなら、家具・家電付きのリノベーションされた部屋で、すぐに憧れのライフスタイルを始めたい。」
家と冒険とハウスコムが協働する「北綾瀬プロジェクト」では、そんな理想の賃貸を8万円以内で実現します。

家と冒険の特徴的な4つのルームスタイルのうち、『ブルックリンスタイル』『ボタニカルスタイル』の2つの部屋が、東京メトロ千代田線「北綾瀬駅」徒歩3分の場所に完成しました。それぞれに、スタイルが調和した家具・家電・生活備品を備え付けています。また、どちらの部屋にも、家と冒険の特徴である〈自分らしくアレンジ自在の壁〉 があり、自分の好きなモノに囲まれた憧れのライフスタイルが実現できます。

家具・家電・生活備品は24ヵ月間お住まいになると入居者の方に所有権が移る仕組みで(一部の例外アイテムあり)、さらに、25ヵ月目からは家賃が減額されることが決まっています。入居者の方にとっては、長く住み続けるほど魅力が高まっていくお部屋といえます。

本プロジェクトの舞台である北綾瀬は、東京都足立区にある自然が豊かな街です。最寄り駅となる東京メトロ千代田線の始発「北綾瀬駅」は2019年3月から代々木上原方面への直通電車の運行を開始して大手町や日比谷、霞ヶ関といった主要オフィス街に乗り換えなしでアクセスできるようになり、これからの利便性向上がますます期待されています。また、駅付近にはさまざまな商店が立ち並び買い物にも困らず、ワンルームでのひとり暮らしにも向いています。歴史あるエリアで、近年では治安も良く安心して住めること、付近にはハナショウブ約8,100株が植えられているしょうぶ沼公園があり緑も多いこと、そして都内中心部へのアクセスの良さから、「ニューヨークにおけるブルックリンのようなエリア」とも表現できる立地です。


なお、本プロジェクトは、株式会社アミックスの管理物件(カームネスハイツ)を家と冒険がスタイル型リノベーションを施し、ハウスコムが仲介を行なう形で行われます(単独の仲介)。

(ハウスコム(株)による本件に関するニュースリリースはこちら)
https://www.housecom.co.jp/news/


[家と冒険について]
家と冒険は、日本のワンルーム賃貸を、画一的な仕様から解き放ち、賃貸入居者それぞれが、憧れのライフスタイルを、自分らしい世界で送れるようにすることを目指して、いち大家が始めたサービスです。社名の家と冒険には、“冒険するようにわくわくする毎日をすべての賃貸入居者に送ってほしい” という願いが込められています。
その家と冒険が、賃貸オーナー向けに提供する「スタイル型リノベーション(R)」には4つのルームスタイルがあり、入居者が思わず住みたくなるような「スタイリングツール」や「自分らしくアレンジ自在の壁」が備わっています。築古の賃貸であっても、入居者に選ばれる空間として家賃改善が見込め、賃貸リノベーションとしての投資効果が高い点が特徴です。

[家と冒険 会社概要]
社名: 株式会社 家と冒険
代表者: 代表取締役 柏木千草
所在地: 〒222-0004 神奈川県横浜市港北区大曽根台10−6−4
資本金: 300万円

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?