フォトフラッシュ

アレックス・ラミレスさんがアイスホッケーのクラブチーム「横浜GRITS」の共同代表に

横浜市をホームタウンとするプロアイスホッケーチーム「横浜GRITS」の共同代表にアレックス・ラミレスさんが就任した。「横浜GRITS」は、運営会社「GRITSスポーツイノベーターズ」(横浜市中区新山下2)代表取締役の臼井亮人さん(右)、取締役兼チームGMの御子柴高視さん(左)、アレックス・ラミレスさん(中央)の3人が共同代表としてチーム運営を担っていく。アレックス・ラミレスさんは、ベネズエラ・カラカス出身の元プロ野球選手。2016年から2020年まで横浜DeNAベイスターズの監督を務めた。また、同社は、アレックス・ラミレスさんとラミレス美保さんが代表を務める、一般社団法人「VAMOS TOGETHER」(横浜市中区山手町)とパートナーシップを結び、さまざまな地域・社会貢献活動を展開していく。横浜GRITSは2019年5月に発足。2020年6月からアジアリーグアイスホッケーに加盟する国内プロチーム。ホームはKOSE新横浜スケートセンター(港北区新横浜2)。

  • 72

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース