フォトフラッシュ

走行区間図:燃料電池ハイブリッド試験車両「HYBARI(ひばり)」

JR東日本、日立製作所、トヨタ自動車は10月6日、水素をエネルギー源とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載する試験車両「HYBARI(ひばり:HYBrid Advanced Rail vehicle for Innovation)」を連携して開発すると発表した。2022年3月ごろから実験実証を開始予定する。試験区間は、鶴見線、南武線尻手支線、南武線(尻手~武蔵中原)。神奈川県、横浜市、川崎市の協力を得て取り組んでいく。

  • 0

  •  

JR東日本、日立製作所、トヨタ自動車は10月6日、水素をエネルギー源とする燃料電池と蓄電池を電源とするハイブリッドシステムを搭載する試験車両「HYBARI(ひばり:HYBrid Advanced Rail vehicle for Innovation)」を連携して開発すると発表した。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?