フォトフラッシュ

ファミリーマートの使用済み食用油、バイオ燃料として再利用する試み 横浜市内で地産地消

ファミリーマートとユーグレナは、店舗の使用済み食用油を原料の一部として活用した「ユーグレナバイオディーゼル燃料」を配送車両で使用する循環型の取り組みを共同で実施する。今年5月からファミリーマート鶴見中央4丁目店(鶴見区)と横浜神之木町店(神奈川区神之木町)で月間約300リットルの使用済み食用油を回収し、バイオ燃料を製造。9月以降、市内を走るファミリーマート配送車両などで、同燃料を使用する。ユーグレナは「日本をバイオ燃料先進国にする」ことを目指す「GREEN OIL JAPAN」宣言をし、2020年までに「陸・海・空」のモビリティにバイオ燃料を導入、2025年までにバイオ燃料の大規模生産と商業化体制を整備、2030年までにバイオ燃料の産業化実現を目標に掲げる。ファミリーマートが同宣言に賛同し、共同での取り組みに至った。

  • 65

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース