新型コロナ関連速報:市内6488人/県内136…

フォトフラッシュ

横浜市がドライブスルー方式「PCR簡易検体採取所」を市内10カ所程度に開設

横浜市は4月28日、横浜市医師会によるドライブスルー方式でのPCR簡易検体採取所を市内10カ所程度に開設すると発表。設置開始日は5月初旬。対象者は、医師の診察により感染が強く疑われる方や、帰国者・接触者相談センターか区に相談した方のうち、感染が強く疑われる方など、検査が必要と判断された次の患者のうち、自身または家族等が自家用車などを運転して設置場所まで来ることができる方。医療機関の駐車場などで実施。関連予算は1億6400万円。

  • 1629

  •  

横浜市は4月28日、新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、5,743億円規模の補正予算による「くらし・経済対策」を発表した。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース