3密を避けて新しい生活様式へ!

フォトフラッシュ

日新が本牧埠頭に「ロジスティクスセンター」 京浜地区における輸出事業の中核拠点

国際輸送、国内輸送、倉庫、港湾運送業の日新(横浜市中区尾上町6)は4月7日、横浜市中区の本牧埠頭に「本牧Aロジスティクスセンター(仮称)」を着工したと発表した。日新の神奈川埠頭営業所から梱包工場と保管・荷捌上屋を本牧埠頭内に移転し、梱包と荷捌機能の拡充を図る。敷地面積は14,974平方メートル。開業は2021年7月の予定。同社は、施設を「京浜地区における輸出事業の中核拠点」として位置づけ、高品質な物流サービスを提供していくとしている。本牧埠頭は、コンテナターミナルとしては横浜港内で最大級の規模と施設を有する。

  •  
  •  

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今日のランチは?