フォトフラッシュ

野毛山動物園にグレビーシマウマの「ココロ」が来園

野毛山動物園に3月23日、いしかわ動物園(石川県能美市)からグレビーシマウマの「ココロ」が来園した。ココロは2歳9カ月のメス。おてんばな性格で、胸元のハート模様がチャームポイントとなっている。今回、繁殖を目的とした動物の貸借契約「繁殖契約」により来園した。グレビーシマウマは、野生のウマの仲間では一番大きく、体長3メートル、体重400キログラムになる。イネ科の草を主食とし、乾草や青草、ニンジンなどを食べる。丸く大きな耳、房の少ない尾、腰から尾にかけての1本の太い縦じまが特徴。今後、ココロの様子を観察しながら、展示準備を進めていく。野毛山動物園は新型コロナウイルス感染症拡大防止策として4月13日まで臨時休園している。

  • 312

  •  

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?