フォトフラッシュ

MM21地区に2,000人収容ライブハウス「KT Zepp Yokohama」が2020年春開業 

コーエーテクモゲームスは、グループ経営統合10周年の記念事業として、 みなとみらい21地区47街区にオフィスとライブハウス型ホールを取得し、本社を移転する。2,000人収容のホールは「(仮称)KT Zepp Yokohama」として2020年春に開業する予定。移転について、林文子横浜市長は「本社とともにライブハウス型ホールも整備されることにより、世界に向けて新たなコンテンツが発信され、市内経済の活性化はもとより、更なるにぎわいの創出、地区のブランド価値の向上が期待される」とコメントしている。写真はコーエーテクモホールディングスの襟川陽一代表取締役社長、林文子市長、襟川恵子代表取締役会長。

  •  

コーエーテクモゲームス(横浜市港北区箕輪町1)とZeppホールネットワーク(東京都港区六本木3)は3月30日、みなとみらい21地区47街区に計画中の複合施設(横浜市西区みなとみらい4)に展開するライブハウス型ホールについて業務提携すると発表した。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?