フォトフラッシュ

地域情報を「見える化」する参加型ウェブサイト「LOCAL GOOD YOKOHAMA」が始動

横浜市内の地域課題を市民参加型で解決していくウェブサイト「LOCAL GOOD YOKOHAMA」が6月12日にオープン。キックオフイベントが同日18時30分からヨコハマ創造都市センターで開催される。Google Earthによる地域情報の可視化コンテンツは首都大学東京の渡邉英徳准教授が監修。

  •  

横浜市内の地域課題を市民参加型で解決していくウェブサイト「LOCAL GOOD YOKOHAMA」(ローカルグッドヨコハマ)が6月12日にオープンし、開設を記念したキックオフイベント「わたしが横浜にできること」が、同日18時30分からヨコハマ創造都市センター(横浜市中区本町6)で開催される。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?