新型コロナ関連速報20日:市587人/県185…

見る・遊ぶ

「ヨコハマ映画祭」日本映画ベスト10が決定 「海街diary」が5冠

「海街diary」©2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

「海街diary」©2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

  • 0

  •  

 ヨコハマ映画祭実行委員会は、映画ファンが主催する映画祭として知られる「第37回ヨコハマ映画祭」の開催に先駆け、2015年度の日本映画ベストテンと個人賞を発表した。

[広告]

 37回目を迎える同映画祭は、自治体やスポンサーからの支援を受けず、会社員や学生など日本映画ファンがボランティアで主催する映画祭。

 グランプリは是枝裕和監督の「海街diary」。ベストセラー作家・吉田秋生の同名コミックを実写化した人間ドラマで、鎌倉を舞台に家族の絆(きずな)を描く。同映画祭で作品賞、監督賞、撮影賞、主演女優賞、最優秀新人賞の最多5冠を獲得した。

 2位は橋口亮輔監督の「恋人たち」、3位は武正晴監督の「百円の恋」。以下、4位「バクマン。」(大根仁監督)、5位「野火」(塚本晋也監督)、6位「あん」(河瀬直美監督)、7位「岸辺の旅」(黒沢清監督)、8位「トイレのピエタ」(松永大司監督)、9位「お盆の弟」(大?章監督)、10位「さよなら歌舞伎町」(廣木隆一監督)と続く。

 主演男優賞は「あん」の永瀬正敏さん、「お盆の弟」「アレノ」の渋川清彦さん。主演女優賞は「海街diary」の綾瀬はるかさん。最優秀新人賞に輝いたのは、広瀬すずさん(「海街diary」)、杉咲花さん(「トイレのピエタ」「愛を積むひと」)、藤野涼子さん(「ソロモンの偽証 前篇・事件」「ソロモンの偽証 後篇・裁判」)。そのほか、「トイレのピエタ」の松永大司監督が森田芳光メモリアル新人監督賞、樹木希林さんが特別大賞を受賞。今年の各賞は映画評論家、映画ファンなど38人の投票で決定した。

 表彰式と上映会は、来年2月7日に関内ホール(横浜市中区住吉町4)で開催される。当日は、「お盆の弟」「あん」「海街diary」の同映画祭トップテン入りした3作品を上映するほか、各賞受賞者やゲストを招いた表彰式などを開催。入場料は前売2,700円、当日3,000円。一般発売は12月19日10時から。詳細は同映画祭ホームページで。

 ヨコハマ映画祭実行委員会の北見秋満さんは「やはりヨコハマの選考委員はしっかり映画を観ているなと結果を受けて実感。受賞者のみなさんもきっと大喜びしてくださると思う。今年1年の日本映画は本当に豊かでベストテンにランクインしなかったもので、あと20本は選びたかったような気がする。その意味でもヨコハマのベストテンはどれもこれも傑作ぞろいで見事にバランスが取れていると思う。これからも新しい表現にチャレンジしている若手作家を積極的に評価していきたい」と話している。

 同映画祭で審査員を務めるのは映画評論家や映画ライターなどの映画関係者と一般映画ファンで、映画人と映画ファンの出会いの場となっている。今年2月に行われた「第36回ヨコハマ映画祭」には、主演男優賞を受賞した綾野剛さん、助演女優賞の大島優子さんら映画人と1,100人の映画ファンが訪れた。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース