新型コロナ関連速報:市808人/県2620人

見る・遊ぶ

横浜都心部で「関内外OPEN!7」 クリエーターのスタジオ公開、体験型に

昨年の関内外OPEN!の様子

昨年の関内外OPEN!の様子

  • 0

  •  

 横浜都心部で11月7日・8日、アーティストやデザイナー、建築家の仕事場を一斉公開する「関内外OPEN!7」が開催される。

初開催の「TripHuggers Yokohama Tour」

[広告]

 7回目となる今回は、馬車道・関内、桜木町・みなとみらい、山下・元町・中華街、石川町・寿町、吉田町・長者町、若葉町の6つのエリアで、30以上のトークイベントやワークショップが行われる。

 初日の7日には、今年20周年を迎えた建築家チーム「みかんぐみ」(横浜市中区太田町6)の代表である加茂紀和子さん、曽我部昌史さん、竹内昌義さん、マニュエル・タルディッツさんの4人によるトークイベント「みかんぐみを語る1995-2015」(13時~18時)が開催。

 8日には、ランドスケープデザイン事務所「スタジオゲンクマガイ」(中区山下町82)による「ベランダー!ミニプランターづくりワークショップ」や、アニメーションスタジオ「I.TOON」(中区海岸通4)の「Harbor Tale スタジオ見学ツアー&鑑賞トーク」、グループ旅行の計画アプリを提供する「TripHugger」による横浜のまちづくりの未来をテーマにしたツアー「TripHuggers Yokohama Tour@関内外OPEN!」などが実施される。

 アーツコミッション・ヨコハマの杉崎栄介さんは「今年の目玉は、何といっても体験型。これまでのスタジオに遊びに行くことに加え、クリエーターが企画したイベントにご参加いただくことで、彼らとより濃い交流の機会とした。30を超える会場があるので、マップとタイムテーブルを事前にチェックして、マイ・コースを作って巡るとよりお楽しみいただける」と話している。

 参加費、開催時間は各イベントによる。詳細はホームページから。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース