暮らす・働く

大さん橋でLGBTイベント「横浜レインボーフェスタ」初開催 トイレはジェンダーフリーに

11月1日にステージ出演する男の娘だけのアイドルユニット「最先端ガールズ」

11月1日にステージ出演する男の娘だけのアイドルユニット「最先端ガールズ」

  •  
  •  

 横浜港大さん橋CIQプラザ(横浜市中区海岸通1)で10月31日と11月1日の2日間、LGBTへの理解を深めるイベント「横浜レインボーフェスタ2015」が開催される。

「横浜レインボーフェスタ2015」のフライヤー

 LGBTとは、レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの頭文字を取った総称で、同性愛者や、心と体の性が異なる性同一性障害とされる人々を指す。国内では、20人に1人の割合で自認しているといわれる。

[広告]

 イベントは今回が初開催。横浜が開港以来「異なる価値を受け入れる」「お互いの違いを積極的に理解し敬意を持って認め合う」ことにより多種多様な人々が支え合いながら発展した都市であることを背景に、「LGBTフレンドリーな国際都市・横浜」の魅力を国内・海外へ継続的に発信していくことを目的に開催される。主催は、横浜レインボーフェスタ実行委員会。

 当日は、同性婚をテーマにした講演会、全国のLGBT支援団体の紹介、ニューハーフやゲイ男性などのLGBT当事者である歌手・ダンサーによるライブ、レズビアンの為の恋活パーティー、賞品総額100万円相当のハロウィンにちなんだ仮装コンテスト、ドラッグクイーンによるお悩み相談などが行われるほか、「横浜西口バル小路」から飲食店3店舗が出店し、メキシコ・アジア・ドイツ料理などを提供する。

 1日に行われる、渋谷区同性パートナー条例制定記念フォーラム「行政におけるLGBT施策の展望」には、長谷部健さん(渋谷区長)、榊正文さん(大阪市淀川区長)、尾辻かな子さん(元参議院議員)、石川大我さん(豊島区議会議員)が登壇し、全ての人が希望を持ち自分らしく生きることのできる環境づくりや、ダイバーシティ施策についてディスカッションする。

 また、イベント開催中は、LGBTへの理解を深める仕掛けのひとつとして、大さん橋の多目的トイレが、性別に関係なく利用できる「ジェンダーフリートイレ」となる。

 横浜レインボーフェスタ実行委員会は「多くの方にLGBTを知ってもらうこと、LGBT当事者とそうでない人達がともに時間を過ごし、同じ目的をもってこの街に貢献することで、誰もが平等に人生を楽しむ機会を持つことができる。そのような思いに共感してくださる方を増やし、横浜が新しいステージへ進めるように市民としてできるアクションを続けていきたい」と話している。

 開催時間は両日10時~17時。入場料500円(出入り自由)。

 イベント期間前後には、横浜マリンタワーをLGBTの象徴のレインボー色にライトアップ。イベント後も横浜の街を楽しめるよう、継続的にLGBTの受け入れを実施する飲食店「LGBTフレンドリー店」には「レインボーステッカー」を掲示する。31日の夜には、パセラリゾーツ横浜関内店(中区末広町3)で「LGBT HALLOWEEN PARTY」が開催される。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?