新型コロナ関連速報:緊急事態宣言2週間延長へ

見る・遊ぶ

山下公園前面海上で初夏の風物詩「横濱ドラゴンボートレース」 200チーム以上が参加

  • 0

  •  

 横浜ドラゴンボートレース協議会は5月30日・31日、6月6日・7日の4日間、山下公園前面海上で「横濱ドラゴンボートレース2015」を開催する。

 ドラゴンボートは古代中国で生まれた世界最古の手こぎ舟の競漕(きょうそう)で、1976年に香港国際龍舟祭りでスポーツ競技化されて以来、世界38カ国以上で行われている。レースでは、紀元前の中国から伝わる龍の頭と尾を持った長さ約12メートルのボートに18人のこぎ手と太鼓手、舵(かじ)取りが乗り込み、山下公園前海上の直線260メートルのコースでスピードを競う。

[広告]

 「真剣に戦い、真剣に楽しむ」をモットーに、各日50チーム、合計200チーム以上が参加して熱戦を繰り広げる。31日は「横浜市長杯」レース、6日は「JBグループカップ」レース、最終日の7日には「コカ・コーライーストジャパンカップ」レース、「香港カップ」レース、「インターナショナル チャンピオンカップ」が行われる。

 山下公園内のステージでは、ブラスバントやアマチュアバンドの演奏が行われるほか、ビールや各種フードを提供する飲食ブースやキッチンカーが設けられる。観覧無料。雨天決行。

 ドラゴンボートレースは、横浜では1994年に「第13回横浜どんたく開港祭」(現在の横浜開港祭)のイベントのひとつとしてスタートし、2000年まで横浜青年会議所が主催した。2001年にNPO法人「横浜ドラゴンボートレース実行委員会」(現・NPO法人「横浜国際ドラゴンボート協会」)が設立され、市民の手により企画運営されている。

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞にどんな新サービスがあったら興味がある?