マークイズみなとみらいで「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」、フロッグバーガーも人気

「もうどく展 in みなとみらい」の様子

「もうどく展 in みなとみらい」の様子

  •  

 みなとみらい21地区の大型商業施設「MARK IS みなとみらい(マークイズみなとみらい)」(横浜市西区みなとみらい3)5階特設会場で、特別展「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展」(もうどく展)in みなとみらいが開催されている。

黒いバンズから足がはみ出す「カエル」のハンバーガーが食べられる

 セガ(東京都品川区)とサンシャイン水族館(東京都豊島区)とのコラボレーション企画。サソリやカエル、魚、植物など、毒々しくも美しい生き物や強力な毒を持つ生き物など全27種類(18水槽)を紹介する。

[広告]

 展示生物は、外敵から身を守るため、背中から乳液状の白い毒を出すカエル「ジュウジメドクアマガエル」、世界最大種の毒グモとして知られている「ゴライアスバードイーター」、毒を含むだ液で身を守るサル「スローロリス」、全身のトゲに毒がある「オニヒトデ」、尾に毒針をもつエイ「リーフスティングレイ」、園芸植物としても人気の高い「クリスマスローズ」など。展示内容は変更もあり。

 同展では、毒の種類や、毒のある部位、毒の強さレベル表記など、生き物の持つ毒について分かりやすく解説しており、毒レベル表記は、毒の強さをLD50(半数致死量)を参考に毒レベルを5段階で表記している(一部の水槽を除く)。

 セガの井手佐知子さんは「昨年夏にサンシャイン水族館で20万人を動員した『毒を持つ生き物』の特別展。スタート以来、女性のお客様も多く、危険なサソリや世界最大級のクモは特に注目を集めている。ゴールデンウイークの時期など、お子様が生物に興味をもつきっかけや、学びの場としてもご利用いただけたら」と話している。

 特別展会場と同フロアにある大自然超体感ミュージアム「オービィ横浜」では、同展の開催を記念した割引セット券やコラボメニューを販売。黒いバンズからフライドフロッグ(カエル)の足がはみ出した「フロッグバーガー ドリンクセット」(1,000円、数量限定)は、海外メディアからの問い合わせも多く、連日完売が続いているという。

 開催時間は11時~19時(最終入場18時30分、土曜・日曜・祝日は10時~)。料金は600円。5月17日まで。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?