新型コロナ関連速報:市内6488人/県内136…

桜木町駅「観光案内所」がリニューアル-クロークサービス・サイネージも

「横濱情報プラザ」に設置された観光案内所

「横濱情報プラザ」に設置された観光案内所

  • 0

  •  

 「CIAL(シァル)桜木町」の開業に合わせて7月16日、桜木町駅観光案内所がリニューアルオープンした。

クラウド型デジタルサイネージシステム

[広告]

 JR桜木町駅南改札口正面の「横濱情報プラザ」の一画にある同所では、従来の観光施設や宿泊施設の案内、イベントの情報提供、各種マップ・パンフレット類の設置のほか、国内自治体としては初めてソフトバンクテレコムのクラウド型デジタルサイネージサービスを導入。最新のイベント情報や動画、案内所で配布されている「横浜ビジターズガイド」に掲載されている90施設の写真データが常時閲覧できる。

 観光情報のデータは、クラウド型デジタルサイネージシステム「ホワイトクラウドビジュアルモールクイックサイネージ」を使用し、桜木町駅の大型ディスプレーのほか、横浜駅、新横浜駅、横浜人形の家を合わせた市内4カ所の観光案内所に設置されるタブレット端末にも配信される。静止画像だけでなく、動画にも対応しており、PCブラウザからアップロードや一括更新作業などを行うことができる。

 また、窓口には英語対応の出来るスタッフも常駐し、併設されるクロークサービスでは1日500円で手荷物を預かるサービスや、スーツケースなどを市内ホテルへ配送するサービスも実施。併設する「横濱銘品館」では、横浜を代表する土産品を販売する。

 横浜観光コンベンション・ビューローの小原まい子さんは「新しく、クラウド型のデジタルサイネージを導入したことで、最新情報の配信が簡便になり、タイムリーに情報提供できるようになる。また、クロークサービスは、通常の宅配便や海外便も取り扱っており、遠方からのお客様だけでなく地元のお客様にも広くご利用いただけると思う」と話している。

 観光案内所の営業時間は9時~18時。クロークカウンターと横濱銘品館は9時~21時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース