見る・遊ぶ 暮らす・働く

パシフィコ横浜で「東アジア文化都市2014横浜」式典-でんぱ組.incも登場

「東アジア文化都市2014横浜」式典の様子

「東アジア文化都市2014横浜」式典の様子

  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で2月25日、日中韓の3カ国で行う文化交流事業「東アジア文化都市2014横浜」のオープニング式典・コンサート「三都爛漫~時空を越えた音絵巻」が開催された。

6人組アイドルグループ「でんぱ組.inc」も登場

 横浜市は、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、アジアを中心に世界中からアーティストが集まる「文化芸術のハブ都市」を目指し、日本、中国、韓国の3カ国で行う文化交流事業「東アジア文化都市 2014 横浜」をスタートした。

[広告]

 「東アジア文化都市」事業開始年の2014年は、選定された横浜市(日本)、泉州市(中国)、広州広域市(韓国)の3都市で、1年間にわたり現代の芸術文化や伝統文化、多彩な生活文化に関連するさまざまな文化芸術イベントを実施する。2015年以降は、2015年中国、2016年韓国、2017年日本の順に、毎年1都市が選定される予定。

 式典には、青柳正規文化庁長官、林文子横浜市長、「東アジア文化都市・泉州」実行委員会のジョ・インファン副委員長、ジョン・ ドンチェ韓国広州広域市東アジア文化都市推進委員長が登壇。林市長は「多様な文化芸術イベントを展開する日中韓の文化交流事業を通じて、東アジア諸国の相互理解を深め、活発な交流が行われる関係を創り上げたい」とあいさつした。

 コンサートには、二胡プレーヤーのウェイウェイ・ウーさん(中国)、テノール歌手のベー・チェチョルさん(韓国)など日中韓の音楽家をはじめ、「東アジア文化都市2014横浜」広報親善大使の6人組アイドルグループ「でんぱ組.inc」が登場し、国境を越えた音楽とパフォーマンスで観客を魅了した。

 横浜市内では、8月に開幕する現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ2014」(8月1日~11月3日)を中心に、ダンスと音楽のコラボレーション「デーモン閣下の邦楽維新 Collaboration『黒船外伝』」(横浜みなとみらいホール、3月2日)、音楽コンサート「ジャズ・ジャンボリー in ヨコハマ」(大さん橋ホール、3月20日)、音楽やダンス、大道芸の参加・交流型イベント「帆船日本丸・春分フェス~東アジア開花宣言」(日本丸メモリアルパーク、3月21日)、日中韓芸術祭(9月予定)など、さまざまな文化交流イベントが行われる。

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?