食べる 見る・遊ぶ 暮らす・働く

パシフィコ横浜で「東アジア文化都市2014横浜」オープニングイベント

金管五重奏「ズーラシアンブラス」

金管五重奏「ズーラシアンブラス」

  •  
  •  

 パシフィコ横浜(横浜市西区みなとみらい1)で2月25日、日中韓の3カ国で行う文化交流事業「東アジア文化都市2014横浜」のオープニングイベントが開催される。

 横浜市は、今年1月から、東アジア域内の相互理解・連帯感の形成を促進するとともに、アジアを中心に世界中からアーティストが集まる「文化芸術のハブ都市」を目指し、日本、中国、韓国の3カ国で行う文化交流事業「東アジア文化都市 2014 横浜」をスタート。

[広告]

 今回は文化交流のキックオフとして、多彩なプログラムで構成される文化イベント「横浜からはじまる~東アジア文化都市~」を開催する。

 当日は、アーティストの展示、希少動物による金管五重奏「ズーラシアンブラス」のミニライブ、東京を拠点に活動する劇団イキウメの別働隊「カタルシツ」のパフォーマンス公演「賽の河原(SAI NO KAWARA)」、「東アジア文化都市2014横浜」広報親善大使に就任した6人組アイドルグループ「でんぱ組.inc」によるトークショー「クイズで学ぶ横浜の歴史、文化」。そのほか、和食料理人の吉岡英尋さんが「ユニークで豊かな日本の食文化」をテーマに、無形文化遺産として登録された和食と日本人の食文化について語る。

 また、横浜発の地域ブランド「ヨコハマ・グッズ横濱001」の紹介や横浜スイーツのサンプル配布、東アジア文化都市に選定された泉州市(中国)、広州広域市(韓国)の伝統工芸品の展示も行う。

 19時スタートの式典・コンサート「三都爛漫~時空を越えた音絵巻」には、日中韓の音楽家や「でんぱ組.inc」が登場し、イベントを盛り上げる。

 同イベントの広報担当者は「パシフィコ横浜が国際的な文化の発信地となる1日。東アジアを舞台に、新たな文化・芸術交流が横浜から始まる。子どもから大人まで楽しめるプログラムをご用意しましたので、多くの方にご来場いただければ」と話している。

 会場はパシフィコ横浜・会議センター3階。開催時間は、オープニング文化イベント=12時~18時30分、式典・コンサート=19時~。入場無料(式典・コンサートは事前公募制)。

 「東アジア文化都市」事業開始年の2014年は、選定された横浜市(日本)、泉州市(中国)、広州広域市(韓国)の3都市で、1年間にわたり現代の芸術文化や伝統文化、多彩な生活文化に関連するさまざまな文化芸術イベントを実施する。2015年以降は、2015年中国、2016年韓国、2017年日本の順に、毎年1都市が選定される予定。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?