新型コロナ関連速報:市1705人/県3729人

三溪園「鶴翔閣」でお正月イベント-包丁式や4キロの花餅の展示も

鶴翔閣「包丁式」の様子

鶴翔閣「包丁式」の様子

  • 0

  •  

 三溪園(横浜市中区本牧三之谷58)で2014年1月1日から3日間、お正月イベント「三溪園で過ごすお正月」が開催される。

飛騨の正月飾り「花餅」の展示(旧矢箆原家住宅)

[広告]

 期間中は、同園の創設者・原三溪が壮年期、晩年期の住まいとして建てた「鶴翔閣(かくしょうかく)」(横浜市指定有形文化財)の内部を特別公開し、建物内の楽室棟で日本の伝統芸能を日替わりで上演する。

 鶴翔閣(1902年建築)は、三溪が子供たちと暮らした延床面積約950平方メートルの近代和風建築で、その名称は鶴が飛翔(ひしょう)する姿を思わせる外観からとったと言われている。当時、横山大観や和辻哲郎など多くの文化人が出入りしていた。

 日替わりイベントは、「アトリエ筝こだま」による筝曲演奏(1日)、横浜萬屋心友会が出演する「包丁式」(2日)、日本古来の伝統手品を継承する北見翼さんが音楽に乗せて「手妻(てづま)」を披露する「和妻(わづま)」(3日)。包丁式では、式題「宝船之鯛」のもと、食材に手を触れずに箸と包丁のみで魚や鳥をさばく伝統的な儀式が行われる。

 園内の古民家「旧矢箆原(やのはら)家住宅」では、飛騨の正月飾り「花餅」を展示。花餅は、冬の飛騨地方で古くから伝わる風習で、その年の豊作を祈り無病息災を願うための行事として行われている。

 三溪園・広報担当の吉川利一さんは「今回展示する『花餅』は、ボランティアが10人がかりで作りあげたもので、約4キロの餅を使っている。鶴翔閣とはまた異なる、山国・飛騨のお正月の風情もご覧いただければ」と話している。

 鶴翔閣の公開時間は9時~16時。開園時間は9時~17時(入園は16時30分まで)。入園料は大人500円、市外65歳以上500円、小学生200円。12月29日~31日は休園。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース