見る・遊ぶ

赤レンガ倉庫に冬季限定「スケートリンク」-荒川静香さんスケート教室も

昨年の様子(写真提供:FILM HOUSE AMANO STUDIO)

昨年の様子(写真提供:FILM HOUSE AMANO STUDIO)

  • 0

  •  

 横浜赤レンガ倉庫イベント広場(横浜市中区新港1)で、12月7日から冬季限定の野外特設スケートリンク「アートリンク in 横浜赤レンガ倉庫」の営業がスタートする。

 アートリンクは、毎年異なる光・音の演出を施したスケートリンク。屋外スケートリンクをキャンパスに見立て、アーティストとのコラボレーションによるアート空間を提供している。

[広告]

 今年のテーマは「会話がはじまる氷の広場」。「現実と空想」をテーマに絵画やインスタレーションを手掛けるアーティスト・キジマ真紀さんのプロデュースのもと、氷の上でアートをきっかけに出会いや会話が生まれ、笑顔が集まるアートリンクを演出する。テクニカルディレクションは空間演出デザインなどを手掛ける「ミラクルプロダクツ」、音楽は「Blanju(ブランジュ)」(マスターマインドプロダクション)が担当。

 オープンに先駆け、前日の12月6日17時より、アートリンクでオープニングセレモニーを開催。ゲストのシンクロナイズド・スケーティングチーム「神宮 Ice Messengers Grace」が華麗なパフォーマンスを披露するほか、パフォーマンス終了後は一般滑走が20時まで無料になる。

 期間中は、小・中学生を対象にした「はじめてのスケート教室」(計5日間)、プロフィギュアスケーターの荒川静香さんや八木沼純子さんをゲストに迎えた「プリンスアイスワールド特別スケート教室」(12月14日、2014年1月18日)を開講。12月24日には、キャンドルにメッセージを書いて明かりをともす「サンクスキャンドル」を実施する。

 また、イベント広場では、本場ドイツのクリスマスマーケットを再現した「クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫」が開催されている。

 同イベント広報の横浜赤レンガ倉庫1号館の建部あき子さんは「日本で唯一『アート×スケートリンク』をテーマにしたアートリンクも今年で9回目。アートリンクに足を踏み入れた瞬間、いつもとは違う、まるで絵本の中に入り込んだようなファンタスティックな体験がはじまる。心が触れ合い笑顔が集まるアートリンクをお楽しみいただければ」と話している。

 営業時間は平日=13時~22時、土曜・日曜・祝日=11時~22時。Xmasシーズン、年末年始は特別営業時間。入場料は大人(高校生以上)=500円、小人(小・中学生)=400円、3歳以上=300円。貸靴料500円、付き添い観覧料200円。会期は12月7日~2014年2月23日の計78日間。2014年2月18日は施設点検のため休業。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?