新型コロナ関連速報6日:市内776人を確認

買う

相鉄ジョイナスとザ・ダイヤモンドが一体化ー3年間かけてリニューアル

共用部の改装後イメージ(現ザ・ダイヤモンド中央モール)

共用部の改装後イメージ(現ザ・ダイヤモンド中央モール)

  • 0

  •  

 相鉄ビルマネジメント(横浜市西区南幸2)は、同社が運営する横浜駅西口の商業施設「相鉄ジョイナス」と「ザ・ダイヤモンド」を一体化し、全館リニューアルを行うことを発表した。

[広告]

 今回のリニューアルは、近隣に相次ぎ開業した商業施設との競争の激化によるもので、3万5,600平方メートルとなる総売り場面積と立地の優位性を最大限に生かし、利便性を高める狙い。2016年夏の全面開業に向け、現在両施設をつなぐ地下1階エリアの一体改装を中心に、約20回に分けて順次改装を行う。

 リニューアル対象は、「ザ・ダイヤモンド」全館と「相鉄ジョイナス」地下1階、地上2~4階。地下フロアは30代女性を主なターゲットに、食料品売り場をはじめ、ファッショングッズやライフスタイルグッズ、コスメショップを大幅に拡充。飲食エリアも全面リニューアルし、日用品がワンストップで手に入るよう幅広い価格帯の商品をそろえる。

 地上フロアは、20代半ば~30代前半の女性が主なターゲット。ファッションを中心に、雑貨やコスメ、カフェなどを配置し、各フロアで接続する高島屋との買い回りもしやすい環境を整える。

 今秋には第1弾として、相鉄ジョイナス4階ヤングカジュアルフロアに、県内初出店10店舗を含む話題性の高い約50店舗を集積する。

 相鉄ビルマネジメント横浜営業所・企画販促担当の鈴木真理さんは「商品構成の幅を広げ、便利で楽しいお買い物空間や、 毎日立ち寄っても飽きない売場を作っていく。横浜のみなさまと一緒に作ってきた確かな歴史を大切に守りつつ、 新たなステキが生まれ続けるスペースを目指す。特にザ・ダイヤモンドについては、 開業以来の大改装になるので、期待してほしい」 と話す。

 1973年11月に開業した相鉄ジョイナスは、地下2階地上8階建てで、売り場面積は2万5,119平方メートル。2013年7月1日現在の店舗数は239店舗。2012年度の売上高は361億円。

 ザ・ダイヤモンドは、1964年12月開業。売り場面積は1万533平方メートル。同年同月現在の店舗数は142店舗で、2012年度の売上高は296億円。

 リニューアル開始に伴い、「ジョイナス ザ・ダイヤモンド」として両施設のロゴを統一、ホームページやフロアガイドも統一されている。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース