新型コロナ関連速報5日:市内3人を確認

食べる

吉田町のビアパブ「BAY BREWING YOKOHAMA」が醸造士交代式

醸造士交代式の様子(左から、西野貴大さん、安藤耕平さん、鈴木真也さん)

醸造士交代式の様子(左から、西野貴大さん、安藤耕平さん、鈴木真也さん)

  • 0

  •  

 ビールを製造・販売するビアパブ「BAY BREWING YOKOHAMA(ベイブルーイングヨコハマ)」(横浜市中区福富町東通2)は7月28日、ベイブルーイングヨコハマの醸造士交代式を開催した。

ドイツ式ビアスタイルで祝杯をあげる来場者たち

[広告]

 BAY BREWING YOKOHAMAは、横浜出身のビール醸造師・鈴木真也さんが2011年8月に開業した小規模ビール醸造所を併設するビアパブ。定番ビールを設けず毎回異なるビール造りに挑戦し、横浜産の大麦を使った「岩﨑」IPAなど、年間で約50種のビールを製造・販売している。

 オープン以来、大阪でビアパブ「Qbrick」の店長をしていた安藤耕平さんと2人で店を切り盛りしてきたが、安藤さんは7月末に同ビアバプを卒業し、かねてからの夢であったイギリスでのビール造りに挑戦。元・ベアレン醸造所(岩手県盛岡市)で働いていた西野貴大さんがその後を引き継ぎ、鈴木さんとともに横浜のクラフトビール文化のさらなる発展に向けて取り組んでいく。

 ヨコハマ創造都市センター(中区本町6)で開催された交代式には、約150人のビール愛好家が集まり、BAY BREWING YOKOHAMA製のビール4種とベアレン製のビール1種を飲み放題スタイルでたのしんだ。会場ではKOTAROさんと櫻田武さんによるブルースハーモニカライブのほか、泉州の水なすや横浜ナポリタン、美濃屋あられの提供も。

 鈴木さんは「今までいろいろなイベントを企画してきたが、自分のビールがないイベントは初めて。今日はとことん安藤くんがつくったビールを飲みたい」とあいさつ。

 安藤さんから、醸造士交代の証にビール醸造に欠かせないマッシュタン撹拌(かくはん)プロペラを手渡された西野さんは、「ベアレン醸造所での勤務を経て、念願の地元・横浜に帰ってくることができた。熱い思いを持ったベイブルーイングヨコハマでビールに携われることは感慨深い。ここから世界に発信できるブルワリーを目指したい」と語った。

 一方、安藤さんは「ビールが大好きでビールを売るだけの僕が、この2年でオリジナルビールを作れるようにまで育ててもらった鈴木さんに感謝している。今日提供している4種類のビールは、この醸造所で学んだ知識でつくった卒業制作。自分が選んだ『脱藩』という道を信じて、イギリスで新たなスタートを切りたい」と旅立ちへの決意を新たにした。

 8月10日には、BAY BREWING YOKOHAMAで「2周年感謝祭」イベントが開催される。BAY BREWING YOKOHAMAの営業時間は平日=17時~23時30分、土曜・日曜・祝日=13時~23時30分。木曜定休。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース