三溪園でハスの開花をたのしむ「早朝観蓮会」-蓮の体験イベントも

「早朝観蓮会」の様子

「早朝観蓮会」の様子

  •  
  •  

 三溪園(横浜市中区本牧三之谷58)で7月13日から、期間限定で早朝に開園しハスの開花を楽しむ「早朝観蓮会」が開催される。

 早朝観蓮会は、同園の創設者の原三溪早朝観蓮会がとりわけ好んだというハスの開花を、より多くの人に楽しんでもらおうとスタートしたイベント。期間中の土曜・日曜・祝日は、開花時間に合わせ特別に朝6時に開園し、明け方からゆっくりと開花するハスの姿を間近に見ることができる。また、蓮と三重塔が同時に眺められる蓮池の北西区域を特別に開放する。

[広告]

 現在、同園に生育しているハスは主に原始蓮。原始蓮は一重咲きの大きな花で、開花1~2日目は比較的濃い赤色、3~4日目には桃色に変化し、基部(根元の部分)付近が白くなるのが特徴。ハスは、泥の中から清らかな花を咲かせることから俗世間から現れた優れた人材にもたとえられ、インドでは聖者の花、中国では君子の花と表現された。三溪はハスの花が美しく池を彩るころになると親しい人々を招き、茶会を催したという。

 実施日は7月13日・14日・15日・20日・21日・27日・28日、8月3日・4日・10日・11日の11日間。

 開催日には園内に設置された「蓮の体験コーナー」で蓮茎の糸採りや葉っぱのお面作り、蓮の葉シャワーの観賞を実施するほか、朝8時30分から抽選で20人に栽培用のハスの種をプレゼントする。また、園内の茶店では「朝がゆセット」や「中華風粥」「麦とろ御飯」といった早朝限定メニューを提供する。

 三溪園 広報担当の吉川利一さんは「今年は新たな試みとして、蓮の葉っぱに注いだお酒やハス茶を蓮の茎をとおして飲む『象鼻杯(ぞうびはい)』を企画。園内の茶店3店では早朝観蓮会限定メニューも味わえるので、見るだけではなく、触覚、嗅覚、味覚でたのしんでほしい」と話している。

 イベント開催日の開園時間は6時~17時。入園料は大人500円、65歳以上300円、小学生200円。8月11日まで。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

横浜市はカジノを含む横浜IR(統合型リゾート)の方向性素案を公開。4月6日までパブリックコメントを募集中。あなたは横浜IRをどう思いますか?