天気予報

24

12

みん経トピックス

十六夜吉田町スタジオ誕生横浜夢座公演「横浜ローザ」

横浜で地域をPRする「わがまちCM」映像制作講座-コンテストへの応募も

横浜で地域をPRする「わがまちCM」映像制作講座-コンテストへの応募も

CM制作講座の様子

写真を拡大 地図を拡大

 横浜市中区で8月21日と9月1日の2日間、まちをPRするCM映像の制作を学ぶ「わがまちCM制作講座」が開催される。

 講座は「わがまちCMコンテスト」(関東ICT推進NPO連絡協議会・総務省関東綜合通信局共催)と連携して実施。企画したのは、神奈川県広報課と協働し、県内のさまざまな個性と魅力を伝えるウェブサイト「かなマグ.net」を運営するNPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」。

 「わがまちCMコンテスト」は、市民自らがディレクターとなって地域コマーシャルを制作し、住み暮らす町の魅力情報を発信する機会として2009年にスタートし、今年で4回目。まちの魅力を考え、映像素材を集めるCMづくりのプロセスを通じて、地域の魅力を再発見し、情報コミュニケーション技術(ICT)を活用することが狙い。応募作品のうち優秀作品は、10月に藤沢市で開催される「藤沢フォーラム」で上映される。

 今年は、従来からある「わがまちCM編」に加え、災害などに負けない日本の魅力を世界に発信しようと、匠(たくみ)の技・和のもてなし・アニメ・ファッション・里山など日本独自の文化をPRする映像作品「クールジャパンCM編」が新設された。

 どちらも、アマチュアからの応募作品(30秒の未発表映像作品)を募集している。コンテストの映像募集受付は9月9日まで。優秀作品は10月27日に藤沢市の「新堀ライブ館」(神奈川県藤沢市藤沢93、元フジサワ中央映画館)で開催される「藤沢フォーラム」で上映・表彰される。

 講座では、参加者がすでに撮影済みの動画や静止画像を準備し、ナレーション・BGM・テロップなどを入れ、30秒のCMに編集する方法を学ぶ。

 使用ソフトは、Windowsに標準でインストールされている映像編集ソフト「ムービーメーカー」。講師は、横浜市民放送局メンバーで、映像撮影・編集、インターネット生放送、映像制作ワークショップ講師の梅香家(うめがえ)聡さん。講座の時間内に作品を完成させ、作成したCMは「わがまちCMコンテスト」への応募作品とする。

 講師を務める梅香家さんは「パソコンの基本操作ができる人を対象に、動画の基礎知識について理解を深めてもらい、簡単な動画が制作できるようになるのが講座のゴールです。ふだんは『見る』立場としてとらえている動画を、作り手の視点で考えるのは非常に楽しいです。シンプルな操作で、自分の思いを作品に込められるようにできれば」と話す。

 講座は、8月21日=18時~22時、9月1日=14時~18時、両日とも会場は、シェアオフィスさくらWORKS<関内>(横浜市中区相生町3)。参加費無料。定員は15人。2~3人のグループでの参加も可。所有パソコン持参を推奨しているが、会場での貸与も可能。編集したい画像データは、USBメモリやSDカードなどに保存し、当日持参する。詳しい問い合わせや申し込みはウェブサイト「かなマグ.net」の特設ページから。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

普段着としての楽しい着物を普及することを目的に活動する任意団体「きものDE交流」は4月30日、元町・中華街エリアで着物で街に繰り出す交流会「きものDE交流~着物で街を埋め尽くせ」を開催する。交流会は今回で35回目で横浜での開催は初。これまでの参加者は延べ1,500人を超える。代表の木口郁瑠さんは「着物を愛する方々や、着物に興味のある方々のために、着る場所・機会・仲間・知識・着付け、と必要なものは全てそろえている。『着物を体験してみたいな!』と思ったその時に気軽に参加してもらえれば」と話している。集合は14時にアメリカ山公園。参加費無料。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング