3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

濃厚魚介スープの「日の出らーめん」がカップメンに-サークルKサンクスで販売

カップ麺を手にする「日の出らーめん」統括店長の横田晃一さん

カップ麺を手にする「日の出らーめん」統括店長の横田晃一さん

  • 0

  •  

 京急本線・日ノ出町駅近くに本店を置く「日の出らーめん」(横浜市中区宮川町3)代表取締役・花澤昭彦さんが監修したカップラーメン「日の出らーめん」が、8月1日から全国のコンビニエンスストア「サークルKサンクス」で販売される。

カップラーメン「日の出らーめん」

 同カップラーメンは、豚骨、鶏ガラ、もみじ、かつお、さば、煮干しなどを12時間以上煮込んだ濃厚スープに、魚介をふんだんに投入して仕上げた魚介風味・しょう油ベースのラーメン。「とかち麺工房」(北海道)との共同開発商品で、同社が独自に開発した、ゆでて凍らせ、乾燥させる「氷結乾燥ノンフライ麺製法」による細麺を使っている。

[広告]

 価格は298円。内容量は155グラム(麺60グラム、レトルト具材入り)。

 「日の出らーめん」統括店長の横田晃一さんは「『日の出らーめん』の人気ナンバーワンメニューをモデルにしたラーメンが、遂にカップ麺に。魚介としょう油が効いたおいしいラーメンに仕上がりました。お店でつくる出来立ての『日の出らーめん』もぜひ食べにきてください」と話している。

 「日の出らーめん」は、歯応えのある超極太麺と、濃厚な魚介と豚骨を効かせた「超濃厚ドロ系スープ」が特徴。「日の出らーめん」桜木町本店・大船店・平塚店は発売に先駆け、先着100人(3店舗合計)にカップラーメンをプレゼントしている。

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?