キャプテン翼スタジアムに「神奈川新聞花火大会」観覧特設席

花火を観覧できるキャプテン翼スタジアム内の会場

花火を観覧できるキャプテン翼スタジアム内の会場

  •  
  •  

 みなとみらい21地区のキャプテン翼スタジアム(横浜市中区北仲通5)は、8月1日に行われる「第27回神奈川新聞花火大会」の際に、敷地内のプロムナードで花火観覧特設席を設置する。

 神奈川新聞花火大会は、1986年から横浜港で毎年夏に開催されている夏の風物詩。今年は神奈川新聞70周年記念として開催し、連続する破裂音と鮮やかな光を特徴とする「大スターマイン」や直径480メートルの「2尺玉」、市民の協賛による「市民の花火」、尺玉連打など、約10,000発の花火をみなとみらい21地区・臨港パーク前面海上から打ち上げる。

[広告]

 みなとみらいの夜景が一望できる開放的なプロムナードの観覧席では、ビールやおつまみを楽しみながら花火を観賞することができる。席数は1,000席(予定)。会場受付は16時から。花火打ち上げは19時15分~20時30分。

 特設席は事前申し込み制で、2人から受け付ける。チケットは1人4,000円(ドリンク1本、おつまみセット付き)。

 同施設を運営するフロムワンの前田義貴さんは「みなとみらいの夜景と花火を快適にお楽しみいただける人気企画を今年も開催します。混雑を避け、ビールやおつまみを味わいながら、ゆっくりと夏の風物詩をご堪能ください」と話す。

 申し込みは、販売サイト「サッカーショップ Football★Plaza」。問い合わせはキャプテン翼スタジアム イベント事務局(TEL 045-633-9660)まで。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?