新型コロナ関連速報19日:市708人/県228…

見る・遊ぶ

映画館「ジャック&ベティ」が開館20周年の記念上映-初代支配人トークも

かつての「横浜日劇」前に立つ初代支配人の福寿祁久雄さん

かつての「横浜日劇」前に立つ初代支配人の福寿祁久雄さん

  • 0

  •  

 シネマ・ジャック&ベティ(横浜市中区若葉町3)で12月17日から23日まで、開館20周年を記念した「20周年 記念上映」が行われる。

[広告]

 シネマ・ジャック&ベティは、1991年12月21日に開館した映画館。2005年に一時閉館したが、その後営業を再開し、12月21日に開館20年を迎える。会期中は、1991年オープン時の上映作品、ヒット作品から3作品をラインナップして上映する。

 作品は、椎名誠原作「倉庫作業員」を元に、山田洋次監督が制作した社会派ドラマ「息子」(1991年)、三隅研次監督、市川雷蔵主演による「剣3部作」の一編「斬る」(1962年)、三隅研次監督・勝新太郎主演で映画化した大ヒットシリーズの第1作「座頭市物語」(1962年)。

 17日は16時より、20周年記念特別トークショー「ふたりの支配人が語るジャック&ベティ」と題して、同館の初代支配人である福寿祁久雄さん、現支配人の梶原俊幸さんが映画館のこれからについて語る。福寿さんは、横浜で「最後の興行師」とも呼ばれる映画人で、横浜日劇、シネマ・ジャック&ベティ、横浜シネマソサエティ、関内アカデミー劇場(関内MGA)などで映画興行を行っていた。

 シネマ・ジャック&ベティの梶原さんは「一時閉館などの憂き目にもあいながら、20年目を迎えられることができ、支えてくださったお客様には、大変ありがたく思っております。トークショーでは、前身の横浜名画座時代から、横浜の町の映画館繁栄を支え続け、20年前にジャック&ベティを創立した福寿さん自身をゲストにお招きして、映画が娯楽の王道だった時代から今に至るお話を伺いながら、現在とこれからの町の映画館のあり方を考えたい。ジャックとベティが20歳になる成人式にぜひご参加ください」と話す。

 料金は1,000円。21日は「20周年祝賀パーティー」(参加費1,000円、19時45分~)を開催。12月23日まで。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース