食べる 暮らす・働く 学ぶ・知る

MMのスマートハウス「観環居」でエコ女子会-お月見パーティー

前回の「エコ女子会」の様子

前回の「エコ女子会」の様子

  •  
  •  

 未来の技術と自然が調和したスマートハウス「観環居」(横浜市西区みなとみらい5)で11月11日、「スマートハウス de エコ女子会~太陽とエコを考える、お月見パーティ」が開催される。

 イベントは2部構成で、エコロジーや環境に関心がある女性なら誰でも参加できる。前半は身近なエコ生活術や太陽光発電を考えるセミナー、後半の座談会では、オーガニックワインを飲みながら、エコライフについて考え、意見交換する。

[広告]

 第1部の講師は、20年前から、太陽光発電の普及や省エネ教育に取り組んできた、佐藤一子さん(横浜市地球温暖化対策推進協議会事務局長)。「冬の節電生活と、今から考えたい太陽光発電」と題し、セミナーが行われる。第2部は「フルムーンパーティ&交流会」とし、参加した女性たちそれぞれが実践しているエコライフや、今後の環境技術について期待することなどをワインを飲みながら座談会をする。特別ゲストとして、姉妹都市である横浜市とフランス・リヨンの連携で生まれた横浜限定ワイン「横浜ワイン」の広報担当 有本恵理さんも参加する。

 主催する社団法人 スマート・ウィメンズ・コミュニティ代表の東みちよさんは、もともと地球環境の変化に関心があり、2010年11月にエコロジー・アート・女性のライフスタイルなどをテーマに持続可能な社会づくりに向けた情報を発信するWEBマガジン「横浜クルーズ」をスタート。その思いをより多くの女性たちに伝えたいと、今年10月27日に、持続可能社会のためのライフスタイル提案、女性のネットワークづくり 、低炭素な暮らしの推進などを目的として掲げる同法人を発足した。

 「『スマート』関連は、いま一番ホットな話題です。でも生活者である、私たち女性にとって、わかりにくいところがあるのも事実。どうしたら、便利に暮らせるのか。人と人、地域とがつながって、快適な社会になっていけるのか。生活者の観点から、未来の暮らしの技術を考えていきたい」と東さん。

 「『エコ、頑張ります!』なんて力むことなく、日常でできる些細なことを、少しづつできればいいかな、と。女性ならではの感性を生かして、持続可能な社会のための暮らし方をみんなで考えていきたいと思っています」と話している。

 同団体は、今後もエコ女子会の定期開催を予定している。

 同イベントは、19時開始、20時10分終了予定(18時30分受付開始)。参加費は1,000円。定員は先着30人。要予約申し込み。申し込みは、名前、住所、連絡先(メール、電話)、参加人数を記載し、hello@yokohama-cruiz.org、またはTEL 045-461-2963まで。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?