天気予報

26

21

みん経トピックス

横浜で「新・港村」が開村式Fヨコが連日公開生放送

関内で男女1000人で合コン「濱コン」-参加受け付け開始

  • 0
関内で男女1000人で合コン「濱コン」-参加受け付け開始

6月に開催された第1回 関内・濱コンの様子

写真を拡大 地図を拡大

 横浜市中区の関内エリアで9月24日、1,000人の男女でグルメと出会いを楽しむ合コンイベント「第2回 関内・濱コン」が開催される。

 同イベントは、「横濱を愛する日本中の人、濱コンへ集合」をテーマに、「バラエティー豊かな濱のグルメ」と「そこにある出会いを楽しむ」ことをコンセプトに、6月25日に第1回目が開催された。

 主催は、横浜出身の若手メンバーで構成された「濱コン事務局」で、関内まちづくり振興会と関内中央振興会の協力により、関内地区のレストラン、バー、居酒屋などの飲食店15店舗が参加。500人の定員のところ約800人の参加申込があったという。

 第2回は、関内エリアの約30の店舗が参加する予定。自由に回遊しながら、新しい出会いを見つける。受付時に参加者には、リストバンドと地図が渡され、1店舗目のみスタッフが案内する店舗で飲食する。2店舗目以降は、リストバンドの提示で好きな店舗を自由に移動することができる。参加飲食店は、8月下旬に発表する。

 開催時間は13時~17時(11時30分受付開始)。参加対象は20歳以上の男女で、定員1,000人(同性2人以上で登録を受け付ける)。参加料は事前申込=男性6,500円、女性4,000円。公式ホームページより申込みができる(定員になり次第受付終了)。

 濱コン事務局代表の渡邉大輔さんは「人と人がつながるイベント『濱コン』、今回は店舗と参加者の数を倍に増やし、街を知ってもらう機会が増えました。大学生を中心とする運営スタッフも100人規模で結成して、地域のプロモーションや出会いのコーディネートを行っていきます」と語った。

 数百人~千人規模の合コンイベントは、これまでに、宇都宮市の「宮コン」、前橋市の「前コン」、吉祥寺の「都コン」、福島市の「福コン」など全国各地で行われており、地域活性化の手法として注目を集めている。9月24日は、「宮コン」(定員2,400人)、「前コン」(定員1,500人)と横浜の「濱コン」が同時開催となる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

大衆昭和居酒屋 「関内の夕焼け一番星 関内☆酒場」が提供する「おふくろのもつ煮」は480円で食べ放題。野菜がふんだんに入った甘くやさしい味わいが好評で、もつ煮を目当てに足繁く通うリピーターも多い。トッピングのねぎもかけ放題。営業時間は11時30分~23時30分(ラストオーダー23時)。お通し、席料なし。横浜、川崎市内を中心に飲食店を展開する「若竹」(横浜市鶴見区)の新業態。
[拡大写真]

VOTE

「山田ホームレストラン」で好きだったメニューは?

アクセスランキング