食べる

高島中央公園で生産者の顔が見える「みなとみらい農家朝市」

「みなとみらい農家朝市」の様子

「みなとみらい農家朝市」の様子

  • 0

  •  

 マリノスタウン向かいの高島中央公園(横浜市西区みなとみらい5)で7月24日、横浜のとれたて野菜などを直売する「みなとみらい農家朝市」が開催される。

 みなとみらい農家朝市では、市内の生産者が新鮮野菜や果物をはじめ、市内産の果物などを使った農家手づくり農産加工品、梅の加工品(梅酢・梅干・梅ジャム)、米粉パン・クッキー・マドレーヌなどの加工品を販売する。

[広告]

 当日は、作り手の顔が見える「農家の紹介」ちらしを配布するほか、珍しい種類の野菜については生産者が自らおいしい食べ方を教えてくれる。販売はトマトやキュウリ、なす、小松菜、ブルーベリーなど。

 今回は、横浜で農業を営む、戸塚4Hクラブ(戸塚区、泉区、瀬谷区、栄区)、ハマッ子農家さんの会(神奈川区など)、野彩家(緑区)、都筑ファーム(都筑区)、平本養鶏場(都筑区)など、計9団体の出店を予定している。

 横浜市環境創造局みどりアップ推進部農業振興課の山本理奈さんは「みなとみらい農家朝市はおかげさまで定着し、リピーターの方々が開始前から公園に並ぶ姿も見られます」と話す。

 会場は高島中央公園。開催は毎月第4日曜、9時~11時(なくなり次第終了)。雨天決行・荒天中止。問い合わせは横浜市環境創造局農業振興課(TEL 045-671-2638)まで。

ピックアップ

Stay at Home

ヨコハマ経済新聞VOTE

今行きたいのはどのエリア?