新型コロナ関連速報:市1202人/県3977人

学ぶ・知る

横浜BLITZでチャリティーライブ-ヒップホップやダンスで復興支援

  • 0

  •  

 横浜BLITZ(横浜市西区みなとみらい5)で3月31日、「東北地方太平洋沖地震チャリティーイベント in YOKOHAMA」が開催される。

[広告]

 イベントは東日本大地震へ慈善を施す目的で開催。売上の一部は「横浜市」と「朝日新聞厚生文化事業団」を通し、「東日本大震災救援募金」として寄付される。横浜出身で呼びかけ人のヒップホップアーティストTOMOROさんは「この災害が起きたことで、僕らの育った街『横浜』から何かを発信したいと考え、イベントを開催する経緯に至りました。出演者の中には、被災地の茨城県から歌いにきてくれるアーティストやタレントもいます」と話す。

 当日は趣旨に賛同した70組の音楽、コメディ、ダンスなど幅広いアーティストが出演。大地震による電力低下に伴い、通常営業よりも照明や音響を最小限度にとどめ、節電を意識したライブを実施する。エントランスには義援金募金箱を設置する予定。

 出演者はTOMOROさんをはじめ、即興劇を得意とする「ワールドセンス」、ヒップホップアーティスト「シュビドゥバ」、「HAMMER(2BACCKA)」、J-POPアーティストの土方令子さん、ダンスグループ「Qubic.(D-SAKU+MADOH+SU-KUN+SARY)」、「BEP-HOP」、「PUTUと清水」など。また、モデルやタレントによるファッションブランド「tr!p」のファッションショーも行われる。

 TOMOROさんは「横浜市役所職員の方々、義援金の送金をしてくださる横浜市ならびに朝日新聞厚生文化事業団さん、協力してくれる皆さん、出演者のみんな、全員に感謝して当日は頑張りたいと思います、ぜひ募金のご協力も宜しくお願い致します。日本人みんなで一致団結して『今できること』を率先してやりましょう」と語る。

 開催時間は14時~22時。入場料は前売券3,000円、当日券3,500円(いずれも1ドリンク別)。当日の来場でも「『TOMORO』のゲストで『朋ちゃんファミリー』」の一言で、前売券扱いでの入場が可能。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー

ヨコハマ経済新聞VOTE

ヨコハマ経済新聞の読者歴はどれくらいですか?

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース