天気予報

10

3

みん経トピックス

横浜山手ガーデンコンサート横浜でさまざまな復興支援

横浜F・マリノス全選手が「街頭募金活動」-協力者を募集

  • 0
横浜F・マリノス全選手が「街頭募金活動」-協力者を募集

横浜F・マリノスのマスコットキャラクター「マリノスケ」も街頭募金活動に参加する

写真を拡大 地図を拡大

 横浜F・マリノスは3月26日、市内各所で東日本大震災にともなう復興支援に向けた街頭募金活動を実施する。

 横浜F・マリノスの全選手、監督、コーチングスタッフ、クラブ社員、サポーター有志が市内4カ所に分かれて、11日に発生した地震にともなう義援金への協力を呼び掛ける。当日は同チームのマスコットキャラクター「マリノスケ」も参加する予定。

 開催場所は、横浜市営地下鉄「センター南駅」(14時30分~16時)、横浜高島屋 正面玄関前(14時30分~16時)、横浜ベイクォーター3階ゲート広場 (14時30分~16時)、京浜急行線 横須賀中央駅前 Yデッキ(15時~16時30分)。集まった募金は日本赤十字社を通して、被災地の復興支援に充てられる。

 NPO法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク(中区桜木町1)は、現場での列整理や誘導案内、募金への呼び掛けなどを行う協力者を募集しており、現在、ホームページで申込みを受け付けている(先着順で、予定人数に達し次第締切)。

 横浜マリノス広報室の吉久潤さんは「クラブは1日も早い被災地の復興を願い、募金活動をさまざまな場所で長期にわたり継続的に行っていきたいと考えています」と話す。

 横浜F・マリノスの中澤佑二選手と中村俊輔選手、横浜FCの三浦知良選手は、3月29日に大阪長居スタジアムで開催される日本サッカー協会(JFA)、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)主催のチャリティ試合「東北地方太平洋沖地震復興支援 チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」の「Jリーグ TEAM AS ONE」の出場選手に選ばれている。

 中村選手は「自分たちはテレビなどを通じてしか現地の被害は分かりませんが、現実はもっと困難な状況だと思います。サッカー選手として出来るのはサッカーしかありません。今回は被災者の方々を勇気づけることができる機会を与えられたので頑張りたいと思います」とコメントしている。

 募金活動は今後、Jリーグ再開までの各週末に(4月3日・10日・17日の午後)、横浜市、横須賀市のさまざまな場所で実施する。詳細は決まり次第ホームページに掲載する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

京急線駅構内の「駅ナカ自動販売機」(約500台)で買ったその場で「当たり」が分かる「2018毎日飲んでくれてありがとうキャンペーン」が行われている。京急オリジナル「2100形抱き枕」・「けいきゅんミニ冷蔵庫」が当たる。当たりの場合、購入商品に「当選ハガキ」が付く。2月28日まで。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング