天気予報

13

4

みん経トピックス

横浜にサウザンド・セレナ号ありあけが合格祈願のお菓子

横浜マリンタワー開業50周年企画で入場料50円-横山剣さんと乾杯も

  • 0
横浜マリンタワー開業50周年企画で入場料50円-横山剣さんと乾杯も

地上91メートルの展望フロアをもつ「横浜マリンタワー」

写真を拡大 地図を拡大

 横浜マリンタワー(横浜市中区山下町15)は開業50周年を迎える1月15日、展望フロアを一律50円で開放する。

 横浜マリンタワーの全長は106メートル、展望階の高さは91メートル、総重量12,000トン、敷地面積は約3,600平方メートル。昨年4月に第17回「恋人の聖地」選定委員会により「恋人の聖地」に正式認定された。展望フロアからは横浜市内を一望でき、横浜港やベイブリッジなどの夜景を楽しむことができる。

 15日は、50周年を記念した「カンパイイベント」を実施。スペシャルゲストとして、マリンタワー名誉館長の横山剣さん(クレイジーケンバンド)がお祝いに駆けつけ、来場者とともに「カンパイ」を行う。

 展望フロアの入場料は50円(1月15日限定)。当日は乾杯用にソフトドリンクをプレゼントする(ドリンクがなくなり次第終了)。乾杯は15時から。

 2階ショップ横の自動販売機では「50周年記念メダル」を提供。メダルの表面にはマリンタワーがデザインされ、うら面に有料(50円)で記念の名前などを刻印できる。価格は600円(なくなり次第終了)。2階のマリンタワーショップでは、50周年を祝う特別記念切手やポスター、ポストカードを販売している。

 横浜マリンタワーの松本典子さんは「マリンタワーは、50周年という大きな節目を迎えられる喜びと皆様への感謝の気持ちを込めて、今後もさまざまなイベントを予定しております。15日は、ベイスターズや横浜F・マリノスのマスコットキャラクターも登場する予定で、横山剣さんから歌のプレゼントがあるかもしれません。ともにマリンタワーの50周年を盛り上げましょう」と話す。

 マリンタワーは1961年1月15日、横浜開港100周年記念事業として、市民の「横浜らしいモニュメント」を作ろうという発意により建設され、横浜のシンボルとして親しまれてきた。世界一高い灯台としてギネスブックにも認定されている。

 入場者数の減少などを理由に2006年12月に営業を終了。その後、横浜開港150周年記念事業の一環として市が取得し、横浜市と民間の予算をあわせ総事業費約39億円をかけて全面改修し、2009年5月23日にリニューアルオープンした。運営会社はリスト(中区尾上町4)、ゼットン(東京都渋谷区)、TKスクエア(東京都渋谷区)、横浜エフエム放送(西区みなとみらい2)の4社。

 開館時間は10時~22時30分(展望フロア最終受付は22時)。通常の展望フロア入場料は大人750円、中学・高校生500円、小学生250円、幼児200円(3歳未満無料)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

横浜赤レンガ倉庫で2018年1月19日~28日の10日間、赤ちょうちんがともる店舗が軒を連ねる昭和レトロな会場で、日本各地の名物鍋が楽しめる「鍋小屋2018」が開催される。今回で3回目。昨年は16万人以上が訪れた。自分で作るこだわり鍋は、出汁、メイン具材、野菜、シメの具材をそれぞれ選ぶことで4,200通り以上の組み合わせからオリジナルの鍋をつくることができる。鍋小屋内にはギター流しも登場する。
[拡大写真]

VOTE

住むならどのエリア?

アクセスランキング