学ぶ・知る

みなとみらい駅にバーチャル「皆富来神社」-Phoneアプリで参拝

バーチャル神社「皆富来神社」に登場する皇女たち

バーチャル神社「皆富来神社」に登場する皇女たち

  •  
  •  

 みなとみらい線のみなとみらい駅(横浜市西区みなとみらい3)に12月30日、iPhoneの中で参拝できるバーチャル神社「皆富来神社(みなとみらいじんじゃ)」が出現する。

 皆富来神社は、携帯電話端末「iPhone」専用アプリケーションを使いゲーム感覚でお参りできる仮想神社。「皆に富が来る」という縁起のいい名前の神社で、携帯電話の動きにより、柄杓(ひしゃく)で水をすくい、手水舎(てみずや)で手を清め、鈴を鳴らすなど、実際に神社で参拝しているような仮想体験を楽しむことができる。

[広告]

 App Store(アップルストア)のアプリケーション「皆富来神社」をダウンロード後、アプリを起動し、同駅コンコース「みらいチューブ」に設置される「皆富来神社」大型ピクチャーボードのQRコードを読み取ると、神社へのお参りがスタートする。ダウンロードは無料、使用開始は12月30日10時。

 同アプリは横浜高速鉄道が制作。5人の皇女(みこ)が皆富来神社でアルバイトをしているという設定で、イラストレーターの「さくやついたち」が同線の5駅をモチーフに5人のデザイン画を手掛けた。みなとみらい線が開業7周年を迎える来年2月頃、それぞれのプロフィールが明らかにされるという。

 同線では12月27日より、5人の皇女たちをデザインした「ヘッドマーク車両」を東急東横線「渋谷駅」~みなとみらい線「元町・中華街駅」間で運行している。2011年1月中旬頃までの運行を予定。

 また、同駅構内店舗の「エムエムみやげ」「ちけっとらんど」では、パワースポット「皆富来神社」にちなんだ特製グッズとして、IC乗車券に重ねてパスケースなどに入れると改札機通過時の感度がアップする「パワーアップカード」を販売。お守りの絵柄2種、皇女の絵柄1種をそろえ、価格はいずれも800円。

 横浜高速鉄道 経営管理部の峯依里子さんは「みなとみらい線の駅で気軽にお参りを楽しんいただきたいと思い企画したバーチャル神社です。『皆富来神社』では御神体が現れ、最後にかわいい皇女がひとり登場します。あなただけの願い事をかなえに、ぜひお参りにいらして下さい」と話す。

 みなとみらい線の正式名称は「みなとみらい21線」で、東京急行横浜駅と、元町・中華街駅を結ぶ第3セクター・横浜高速鉄道の地下鉄路線。全長4.1キロメートルで、東急東横線と相互直通運転を行っている。2004年2月に開業し、延べ利用者数が2006年4月=1億人突破、2008年2月=2億人突破、2009年10月に3億人を突破。2011年2月に開業7周年を迎える。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?