食べる 見る・遊ぶ 買う

横浜・野毛で「大道芸フェスタ」-三崎朝市やくじら料理も

「野毛大道芸フェスタ」の様子

「野毛大道芸フェスタ」の様子

  •  
  •  

 野毛地区振興事業協同組合は12月5日、野毛地区の柳通り(横浜市中区野毛町2)を中心に、見て食べて遊ぶ「野毛大道芸フェスタ~港の下町でくじら体験・三崎の朝市と大道芸~」を開催する。

 出店するのは、野毛飲食業協同組合による「野毛くじら横丁」とマグロなどの鮮魚や野菜・果物を販売する「三崎朝市」。野毛くじら横丁では、鯨肉と自慢のクジラ料理を提供する。当日は「鯨」に関するアンケートを行い、アンケートに答えた人を対象に鯨料理「はりはり鍋」の試食を行う(先着200人)。

[広告]

 会場には、バルーン技の道化師「クラウンJUKA」さん、今年8月に行われた「第30回浅草サンバカーニバル」で初優勝を飾った野毛出身のサンバチーム「エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ」らが登場し、大道芸を披露する。

 そのほか、同時開催イベントとして、不要になったおもちゃを別のおもちゃと交換する「かえっこバザール」やフリーマーケット(仲通り)。アーティストのオリジナル雑貨やアクセサリーが見つかるアート系フリーマーケット「手作り市」(野毛Hana*Hana)を実施する。

 会場の様子は、野毛Hana*HanaのインターネットTVが生中継する予定。

 野毛大道芸フェスタ実行委員会委員長の小林直樹さんは「野毛は戦後、横浜の中心市街地で唯一接収をまぬがれ、クジラカツなどを販売する『くじら横丁』が誕生したエリア。今回初めて実施するアンケートは、くじら横丁の復活とさらなる地域活性化に向けた取り組みのひとつです。今年最後の野毛大道芸フェスタですので、ぜひお越しください」と話す。

 開催時間は11時~16時。入場無料、小雨決行。問合せは野毛地区振興事業協同組合(TEL 045-253-6123)まで。次回は2011年2月6日に開催する予定。

  • はてなブックマークに追加

ヨコハマ経済新聞VOTE

住むならどのエリア?